ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

物忘れの原因が脈とびによる心臓の一時停止!?

誰もが気になるシニア世代の物忘れ。その原因といえば脳にあると思うのが普通です。ところが、まったく新しいタイプの物忘れがあることが判明しました。なんと物忘れの原因が「心臓」にあったのです。『ためしてガッテン』の「物忘れの原因が心臓」で紹介されていました。



スポンサーリンク
物忘れの原因が脈とび

物忘れの原因が心臓にあった症例

物忘れの原因が心臓にあったという、川崎市で中国料理店を家族で営む77歳の女性の症例を見てみましょう。それまで女性は、テキパキした性格でお店を切り盛りしていました。

ところが4か月前に異変が発生。接客をしているとき、なぜかお客から聞いた注文が頭からすっかり抜け落ちてしまったのです。さらには、料理を運ぶテーブルを忘れて固まってしまうこともおこるようになります。

女性本人も家族も、この異変に気づき始めました。そのため本人はお客さんの前に立つのが苦痛でしたが、歳のせいだと思って放置。家族も少しボケたのかな…程度の認識でいました。

物忘れの原因は心臓の一時停止

ところがある日、失神で突然倒れてしまったのです。なんとか自力で意識を取り戻した女性は、すぐに病院で診察を受けました。すると、心臓がたいへんなことになっていることを知らされたのです。

このとき、女性の心臓でおこっていたのは、心拍を司る脈波の抜けである「脈とび」でした。これは、来るはずの脈波が一瞬だけ抜け落ちてしまう症状。いわばその瞬間、心臓が一時停止しているのでした。このためその瞬間に、記憶が抜け落ちていたのです。

これが物忘れの原因が心臓となる真相。それは、心臓が原因で物忘れしやすくなるということが、最近の研究で明らかになりました。すでに治療を受けている人が35万人。気づかないうちにかかっている人も合わせると、その倍の70万人くらいの患者がいるといわれています。

■「脈とび」おすすめ記事
「危険な脈とび」を自分で見分ける方法とは
電気信号が弱っている「脈とび」は危ない!
心臓が停止する「脈とび」は9割の人に発生
脈が飛ぶ…でも危険タイプと安全タイプがある

■「物忘れの原因」おすすめ記事
不整脈が原因で「物忘れ」その見分け方とは?

■『ためしてガッテン』
【物忘れの原因が心臓病】

心停止は知らないうちに9割の人におきている
脈が飛ぶ…でも危険タイプと安全タイプがある
徐脈性不整脈の症状の見分け方は脈が止まる時間
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減
徐脈性不整脈の症状はペースメーカーで治療

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事