ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

過敏性腸症候群の症状を抑える魔法のワザとは?

過敏性腸症候群でお腹がキューっとなったとき、その症状を抑える魔法のワザを紹介しましょう。症状が激しくならないうちは腹式呼吸による深呼吸がオススメ。トイレに行きたくても駆け込めないときは、ギュッと握りこぶしを握っては開くリラクゼーション法を試してください。



スポンサーリンク
過敏性腸症候群の症状を抑える魔法のワザとは?

過敏性腸症候群の症状を抑えるワザ1

過敏性腸症候群で下痢に悩む人は、トイレが近くにないという不安から便意がつのり、お腹がキューっと痛くなる症状で困ったことがあるでしょう。

そんなときに過敏性腸症候群の症状を抑える魔法のワザの1つが「深呼吸」。電車の中などで便意がおこりそうだと感じたら、症状が激しくならないうちに腹式呼吸をするのです。

鼻から息をゆっくり吸い、吸った空気でお腹をぽっこりとふくらませます。いったん息を止めたら、口からゆっくり細く息を吐き出してください。

吸うときにより吐くほうが、ゆっくり時間をかけるのがポイントです。交感神経の働きを沈めて、腸を落ち着かせるのに効果があります。

過敏性腸症候群の症状を抑えるワザ2

さらにトイレに行きたくても駆け込めないときには、腸をけいれんを沈めるリラクゼーション法があります。過敏性腸症候群の症状を抑える、もう1つの魔法のワザです。

まず両手の手の平をギュッと思い切り握って、握りこぶしを作ってください。そして、ゆっくり10まで数えたらパッと両手を開きます。次に20まで数えたらもう一度、ギュッとこぶしを握って10まで数えて開くのです。

これを何度か繰り返します。すると筋肉の緊張がやわらぐので、交感神経が沈まります。そして、腸のけいれんを沈めることができるのです。

■「過敏性腸症候群」おすすめ記事
過敏性腸症候群の薬が効く!便失禁の最新治療
過敏性腸症候群の症状は日本人10人に1人に出る
過敏性腸症候群の原因は幼少期の母親のストレス

■「大腸」おすすめ記事
高橋メアリージュンも悩んだ潰瘍性大腸炎の症状
潰瘍性大腸炎の症状は「腹痛・下痢・血便」
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
見逃すと危険!新タイプの「大腸がん」とは
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事