ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ブラジル体操は筋繊維の収縮タイミングを揃える

サッカーの試合前に選手たちが並んで、軽くステップを踏みながら腕を上下に振ったりする動きをしているのがブラジル体操です。運動前に行う動的ストレッチとして近年、注目されています。運動前にブラジル体操を行う効果は筋線維の収縮を揃えること。これにより筋力と柔軟性がアップするのです。



ブラジル体操は筋繊維の収縮タイミングを揃える

ブラジル体操は動的ストレッチの一種

ストレッチということ、勢いをつけずに筋肉を伸ばす方法が一般的。いわゆる静的ストレッチと呼ばれるものです。じつは静的ストレッチをすると、柔軟性はアップするものの筋力は低下。じつは運動前のケガの予防効果はありません。

一方、静的ストレッチと対極にあるのが動的ストレッチです。そして、ブラジル体操は動的ストレッチの一種。手足を動かしながら、動きの中で筋肉を伸ばしていくストレッチの方法です。

筋肉は細い筋繊維が集まって構成されています。それぞれの筋繊維には動かすための信号を出す神経が存在。安静時の人間の体は、この信号のタイミングがバラバラになるようにセットされているのです。

ブラジル体操によって柔軟性がアップ

筋繊維を動かす信号のタイミングがバラバラになっているのは、急に力を入れたときに筋肉が損傷しないようにするため。急に力が入って大きな力が働いてしまうと、筋肉が損傷してしまう可能性があるからです。

そして、わざとバラバラにしてある信号のタイミングを合わせていくのがブラジル体操などの動的ストレッチの効果というわけ。筋繊維の収縮のタイミングが揃って、筋力や瞬発力がアップするのです。

ブラジル体操は筋肉を温める効果もあります。筋肉は温まると軟らかく柔軟になる性質があるため、ブラジル体操によって柔軟性がアップするというわけです。ブラジル体操は運動前のウォーミングアップとしてとても理にかなっているのでした。

■「ブラジル体操」おすすめ記事
ブラジル体操で柔軟性と筋力が本当にアップした

■「体操」おすすめ記事
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
ラジオ体操の効果で体のゆがみをリセットする
ゴキブリ体操で健康維持する元バドミントン選手
ゴキブリ体操の効果でなぜダイエットできるのか

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事