ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

フロントブリッジは走るフォームに近いと効果的

フロントブリッジとは、両ひじと足先を支えにして体をまっすぐに伸ばす体幹トレーニングメニュー。フロントブリッジは全身が一直線ではなく、少しだけくの字型にするのがポイント。さらにフロントブリッジは走るフォームに近い姿勢をとると、効果的に体幹を鍛えることができるのです。



フロントブリッジは走るフォームに近いと効果的

正しいフロントブリッジのやり方

まずは正しいフロントブリッジのやり方を見ていきましょう。まずうつ伏せになって両ひじを肩の真下について上体をおこします。伸ばした両足を腰幅に開いたら準備完了です。

この体勢からお腹に力を入れることで腰を床から浮かせたら、背中のラインがまっすぐになるようにキープ。骨盤はやや後傾させます。フロントブリッジは10秒キープを3セットが基本です。

ただし、フロントブリッジは体幹をガチガチに固めてしまうとあまり効果的ではありません。そもそも体幹トレーニングの目的は、足の力を手に伝えるなど、下半身と上半身の連動性を高めることにあります。

フロントブリッジの効果が半減する

このため、体幹に闇雲に力を入れていては、フロントブリッジの体幹トレーニング効果が半減してしまうというわけ。連動性を高めるためには、固めるところとゆるめるところを意識することが大切です。

フロントブリッジは自然呼吸でお腹の前面を覆う腹直筋を意識を向けつつも、腰や手に力が入りすぎていないか意識する必要があります。固めるところとゆるめるところのメリハリをしっかり感じ取ってください。

そして、フロントブリッジは走るフォームに近い姿勢をとると、より効果的に体幹を鍛えることができます。このため、フロントブリッジは走っていることをイメージしながら行うとよいでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事