ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

プチ断食のやり方は週の5日間は自由に飲み食い

プチ断食とは、食べ物を摂取しない本格的な断食ではなく、軽めの断食で痩せるダイエット法。プチ断食のやり方は、これまでのダイエットのように摂取カロリーを毎日抑えるものではありません。簡単にいえば週に2日、軽めの断食をすることによって、残りの5日は普通に食べてもよいというものです。



プチ断食のやり方は週の5日間は自由に飲み食い

プチ断食のやり方は週に2日のみ

プチ断食のやり方は、週に2日のみ通常の1/4まで大幅に摂取カロリーを落とすというもの。言い換えれば、75%カロリーオフした軽めの断食を、週に2日だけ行うのがプチ断食のやり方です。

このプチ断食のやり方の利点は、週のうち軽めの断食をするのは2日のみで、残りの5日は普通に食べて問題がないこと。コンセプトがシンプルで実践しやすいため、受け入れられています。

ただし、軽めの断食をしない5日間は自由に飲み食いしてよいわけではありません。あくまで普通に、食べたいものがあれば我慢せずに食べるようにします。プチ断食のやり方は、ストレスなくダイエットできることも特徴です。

プチ断食のやり方は水分をたっぷり

そのぶん、軽めの断食をする2日間は通常の1日の摂取カロリーの25%に抑えます。男性なら600kcal、女性なら500kcalです。食材は野菜、脂身の少ない鶏胸肉や魚がベスト。良質のタンパク質と、食物繊維やビタミンが多い野菜を選びます。

プチ断食のやり方は炭水化物は避けて、水分はたっぷり摂ることも大切。砂糖が入っていなければ、コーヒーやお茶を飲むの問題ありません。カロリーがなければ何も食べても飲んでも大丈夫です。

また、プチ断食のやり方は、軽めの断食を2日連続で行う必要はありません。たとえば月曜と木曜に設定すると、仕事で気が紛れてよいでしょう。プチ断食のやり方の魅力は、日常生活に支障が出にくく継続しやすいことにあります。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事