ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

朝食抜きダイエットは歴史的に見て正しかった!?

朝食を我慢するだけで1日の摂取カロリーを大幅カットできるのが朝食抜きダイエット。手軽にウエストまわりを絞るのには最適なダイエット法です。とはいえ、朝食抜きダイエットにはなんとなく体に悪そうなイメージがあるもの。しかし、、じつは歴史的に見ても正しいという側面も持っているのです。



スポンサーリンク
朝食抜きダイエットは歴史的に見て正しかった!?

朝食抜きダイエットに近い1日2食

1日3食しっかり食べることが人間本来の食生活…というイメージがあります。しかし、じつは1日3食という食生活が定着したのはいわゆる近代に入ってから。それまでは1日2食が当たり前でした。

実際、いまから千年以上前の平安時代、清少納言は「大工が昼に食事。何ともおかしい」と書き残しているほど。平安時代には、肉体労働者しか昼食をとらなかったことを示しています。

江戸時代になると少しずつ1日3食が普及しますが、武士はかなり遅くまで1日2食を通しました。いわば朝食抜きダイエットに近い食生活を送っていたようなものです。世界的に見ても、1日3食が浸透したのは近代になってからになります。

朝食抜きダイエットはリズムに合う

朝食抜きダイエットは、消化・吸収にかかわる体のリズムにも合っているという側面も見逃せません。就寝中はいわば断食状態。睡眠中に休んでいた胃腸にいきなり朝食を流し込むのは負担になるという考え方です。

また、起床したあと血液は本来、腎臓や大腸などの解毒・排泄に使われるべきもの。しかし、朝食を摂ることによって血液が消化・吸収に集中。すると、体の中に老廃物や毒素などの汚れが溜まりやすくなってしまう側面もあります。

朝食抜きダイエットは人間の歴史のなかでは当たり前の食生活といえるかもしれません。自然治癒力や免疫力が高かった当時の生活のほうが、むしろ健康的という見方もあるでしょう。これが朝食抜きダイエットに賛否両論ある理由です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事