ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪を減らす効果が「カルシウム」にあった

カルシウムは骨や歯を強くする効果があることはよく知られていますが、内臓脂肪を減らす効果が期待できることはあまり知られていません。ただし、内臓脂肪を減らす効果が期待できるカルシウムは限られています。乳製品などに多く含まれているカゼインカルシウムに内臓脂肪を減らす校があるのです。



内臓脂肪を減らす効果が「カルシウム」にあった

内臓脂肪を減らすカルシウムの効果

カルシウムの摂取は、内臓脂肪を減らす効果が期待できます。カルシウムが脂肪の燃焼を促進して、脂肪の蓄積を抑えるからです。なかでも、チーズのなかのカルシウムの量と質と吸収性が抗肥満に直結しています。

じつは、カルシウムと一口にいってもさまざまな状態が存在するもの。このため、内臓脂肪を減らす効果に違いがあるのです。小魚などに多く含まれるのはリン酸カルシウムはカルシウムのなかでもとくに硬く、骨や歯の材料に適しています。

一方、チーズなどの乳製品に多く含まれるのがカゼインカルシウムです。カゼインカルシウムは体に吸収されやすいため、カルシウムを摂取するという意味では非常に効率的といえます。

内臓脂肪を減らすならチーズを食べる

じつはカルシウムは同じ量を食べても吸収率が大切。チーズ中のカルシウムは40%ぐらいの吸収率があります。これは数値としては相当高いもの。このため、少量で大量のカルシウムが摂れるというわけです。

いわばチーズは、カルシウムを摂るためにできている食品といっても過言ではありません。しかも、チーズの脂肪は分解されやすく吸収もされやすい中鎖脂肪酸。早くエネルギーとなるため、体に溜まりにくいことが特徴です。

さらに、体に溜まったほかの脂肪も一緒に分解する働きもあるといわれています。その意味で、チーズはさまざまな面から内臓脂肪を減らす効果が期待できる食材。内臓脂肪を減らすならチーズを食べるのがおすすめです。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事