ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果

理想の体型を目指して、筋トレをしながら朝食抜きダイエットを実践している人も多いでしょう。朝食抜きダイエットは手軽に摂取カロリーを抑制することが可能。合わせて筋トレをすれば、基礎代謝も上がってボディラインもシェイプされます。しかし、朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果なのです。



スポンサーリンク
朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果

空腹時は合成よりも分解が優位に

筋肉は、水を除くとほとんどがタンパク質からできています。そして、タンパク質は常に分解と合成を繰り返しているのです。すなわち、筋肉は常に分解と合成を繰り返しているといえます。

通常は、分解される量と合成される量が等しいために、筋肉量に変化はありません。ここで理想の体型を目指して筋肉をつけるには、合成される量が分解される量を上回る必要があるわけです。

ここで、筋肉の分解と合成は1日のなかでも細かく変動しています。じつは筋肉の分解と合成は、食事のリズムとシンクロしているのです。空腹時は合成よりも分解が優位になり、食事を取ると分解よりも合成が優位になっています。

朝食抜きダイエットでダラダラ分解

具体的には、朝起きたときは空腹状態のため筋肉の分解が進行。ここで朝食をとることで、筋肉は分解から合成へと転じます。一定時間で食事している1日3食こそが、1日における筋肉の分解と合成は釣り合った状態なのです。

もし朝食抜きダイエットをしていたら、朝食からランチを食べるまでの時間はダラダラと筋肉の分解が進んでしまいます。食事時間が不規則になったり欠食したりすると、分解と合成のリズムが崩れてしまうのです。

つまり、筋肉をつけるためには1日3食のリズムが大切ということ。朝食抜きダイエットで空腹時間が長いと、分解が優位になって思うように筋肉をつけることができません。朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果なのでした。

■「朝食抜き」おすすめ記事
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
便秘の原因は朝食抜きによる食物繊維の不足かも
朝食抜きダイエットの空腹感を乗り越える方法
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない
蠕動(ぜんどう)運動に「朝食抜き」は逆効果
朝食抜きは8時間ダイエットと同じ効果がある

■「ダイエット」おすすめ記事
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事