ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

痩せるならダッシュよりもウォーキングが効果的

痩せるために短距離のダッシュをやっても、じつはあまり効果がありません。その理由はダッシュが無酸素運動だから。多少は筋力アップしますが、脂肪は少ししか燃焼しないのです。実際に痩せるためには有酸素運動が効果的。有酸素運動は酸素で中性脂肪を燃やしてのエネルギー源としているからです。



痩せるならダッシュよりもウォーキングが効果的

痩せるならウォーキングが効果的

脂肪を燃やして痩せるために、短距離のダッシュしてもあまり意味がありません。じつは、ダッシュ20本より20分以上のウォーキングのほうが効果的。ダッシュを繰り返して息を切らしても脂肪はさほど燃やせません。

ダッシュとウォーキングでは、使う筋肉とエネルギー源がまったく違っています。ダッシュのような瞬発的な動きに使われるのは速筋で、ウォーキングのようなゆったりとした動きに使われるのが遅筋。それぞれ白筋、赤筋とも呼ばれます。

速筋は大きなパワーが出せますが、力を長く発揮することはできません。遅筋は出せるパワーは少ないものの、長時間にわたって動けるという特徴があります。すなわち、瞬発系が速筋で、持久系が遅筋と使う筋肉が違っているのです。

有酸素運動のウォーキングが痩せる

速筋と遅筋は、運動中に使うエネルギー源も違っています。速筋は、筋グリコーゲンという筋肉内の糖分をおもに使用。脂肪はほとんど使用されません。いわゆる酸素を必要としない無酸素運動です。

一方、遅筋は肺から取り入れた酸素で中性脂肪を燃やしてエネルギー源としています。これが、いわゆる有酸素運動。遅筋のエネルギー源は中性脂肪と酸素ということになります。

このように、痩せるなら脂肪を使用しない無酸素運動ではなく、エネルギー源に中性脂肪を使う有酸素運動をする必要があるということ。だからこそ、痩せるならダッシュよりもウォーキングが効果的なのでした。

■「ウォーキング」おすすめ記事
ウォーキング効果を最大化する速度は時速7km
ウォーキング効果でインナーマッスルを強化
ウォーキング効果は心拍数とかかと着地で最大化
腸腰筋ウォーキングは便秘解消に効果的だった
乳癌の予防は1日1時間のウォーキングで効果
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事