ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

鼻づまりは温めると解消する医学的な根拠とは?

鼻づまりが温めるとよくなることは医学的に証明された事実です。鼻づまりの原因には、鼻の血行不良が挙げられます。鼻の粘膜に血が滞留してしまって、鼻の中の空気の通り道が狭くなって鼻づまりがおこるのです。このため、鼻を温めることで滞留していた血行が改善。鼻づまりが解消するのでした。



鼻づまりは温めると解消する医学的な根拠とは?

鼻づまりの解消には鼻を温める

鼻づまりというと、鼻水で空気の通り道が塞がってしまっていると考えている人も多いでしょう。しかし、実際は鼻の粘膜が炎症をおこして空気の通り道が狭くなり、鼻づまりがおこっているのです。

鼻の粘膜の炎症とは、鼻粘膜の血管が広がった状態のこと。血行不良で違滞留してしまうことによってもおこります。寒い季節に鼻づまりが増えるのは、寒さからくる血行不良が原因です。

そこで、体を温めると血行がよくなるのと同様に、鼻も温めることで血行が改善して鼻づまりが解消するのです。アレルギー性鼻炎などによる鼻づまりであっても、鼻を温めるとスーッと楽になるのを感じられるでしょう。

鼻づまり解消に入浴時が効果的

そんな鼻づまりの解消には、入浴時に浴槽に浸けたタオルで鼻を温めると効果的です。入浴時の浴槽内は、鼻にとっては非常に快適な環境。浴室は蒸気に満ちているため、鼻の中に適度な湿り気がもたらされて鼻腔が広がります。

加えて、ハンカチサイズの小さなタオルを浴槽に浸けて軽く水を切り、たたんで鼻の上部に当ててください。鼻を局所的に温めることで血行がよくなり、鼻づまりが解消するのです。

タオルを当てた鼻がじんわり温まってくるのを感じながら、浴槽から立ち上がる湯気を鼻から吸い込みます。5分ほどタオルで鼻を温めれば、軽度の鼻づまりはもちろん、頑固な鼻づまりも解消できるでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事