ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪レベルを下げて動脈硬化の進行を抑える

肥満とひと口にいっても、いろいろなタイプがあるもの。見たとおり明らかに肥満というタイプもあれば、外見ではわからない肥満タイプもあります。そんな肥満のなかでも、とくに注意したいのが内臓脂肪型肥満。内臓脂肪レベルが上がると動脈硬化を促進するため、生活習慣病の原因となるからです。



内臓脂肪レベルを下げて動脈硬化の進行を抑える

内臓脂肪レベルと動脈硬化の関係

最近とくに増えている肥満が「隠れ肥満」と呼ばれるタイプ。見ためはスラッとした体型で、肥満度を示す体格指数BMIの値も肥満にはあてはまらないのに、じつは内臓脂肪レベルが高かったというケースが少なくありません。

そして、内臓脂肪レベルが高いと、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こしてしまうのです。これらの病気を引き起こす直接の原因は、血管が硬くもろくなる動脈硬化にあります。

そして、この動脈硬化の進行に内臓脂肪レベルが深く関係していることがわかってきたのです。すなわち、内臓脂肪レベルが高いとは動脈硬化が促進されるというわけ。内臓脂肪レベルを下げることが推奨されるのには理由があるのです。

内臓脂肪レベルが悪循環の中心

内臓脂肪レベルが高くなると、体内の悪玉である生理活性物質が増加します。その影響で引き起こされるのが、血圧の上昇、血中の中性脂肪の増加、血糖値の上昇、善玉コレステロールの減少などです。

血圧の上昇が動脈硬化を促進するように、これらはいずれも動脈硬化を促進するか、動脈硬化の進行で悪化するものばかり。内臓脂肪レベルはいわば、こうした悪循環の中心に位置しているのです。

逆にいえば、内臓脂肪レベルを下げることは動脈硬化の進行を抑えることにつながります。それが生活習慣病、さらには重篤な病気の発症リスクを大きく下げてくれるのです。内臓脂肪レベルを下げるに越したことはありません。

■「内臓脂肪レベルを下げる」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事