ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

大腰筋を寝ながら鍛えるトレーニング4メニュー

大腰筋は背骨の腰椎部分と大腿骨の付け根を結ぶインナーマッスル。いわば上半身と下半身をつなぐという重要な役目を果たしています。このため、大腰筋が衰えると体全体に悪影響が出てくるのです。そこで、大腰筋を寝ながら鍛える4つのトレーニングメニューを紹介しましょう。



スポンサーリンク
大腰筋を寝ながら鍛えるトレーニング4メニュー

大腰筋トレーニング仰向けメニュー

大腰筋トレーニング1つめのメニューは、仰向けになって体を伸ばした姿勢から、息を吐きながらひざを胸に引き寄せます。ひざから下が床と平行になるようにして、足を下ろさずに10回。反対の足も同様に10回行ってください。

大腰筋トレーニング2つめのメニューは、片方のひざを引き寄せたら外側にゆっくりと倒したら、今度は内側に腰をひねるように回します。足を下ろさずに10回行ったら、反対側の足も10回です。

大腰筋トレーニング3つめのメニューは、両ひざを揃えて引き寄せたら、曲げた両ひざをそのまま腰をひねるようにして左右に大きく倒します。曲げた両ひざを片側にゆっくり大きく倒したとき、腰から上はひねらずに上を向いたままです。

大腰筋トレーニングは上半身を固定

両ひざを元の位置まで戻したら、反対側にも倒します。両手はやや腰から離して置いて、手のひらを下向きにして体を支えてください。左右で1回として、回数の目安は10回です。

大腰筋トレーニングの4つめのメニューは、硬めに巻いたバスタオルを使用します。仰向けで骨盤の硬い場所にタオルを当てたら、足の裏をつけたまま両ひざを軽く曲げたら準備完了です。

この体勢から片側にゆっくりと倒します。このとき、上半身が足の動きでぶれないように、両手はしっかりと体を固定するのがポイント。両ひざを元の位置に戻したら、反対側に倒してください。左右を1回として10回行います。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋ストレッチになるでんでん太鼓の動きとは
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事