ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アイソメトリクスで簡単にお腹痩せを実現する

アイソメトリクスとは、日本語でいうと静的筋力トレーニング。代表的なアイソメトリクスとしては、胸の前で両手を合わせて押し合う大胸筋の筋トレが知られています。アイソメトリクスは筋肉を全力で7秒、力を出し続けるだけでできる筋トレ。アイソメトリクスで簡単にお腹痩せを実現しましょう。



スポンサーリンク
アイソメトリクスで簡単にお腹痩せを実現する

アイソメトリクスの効果で部分痩せ

そもそもアイソメトリクスは1日1回、最大筋力の3分の2に相当する力を静止した状態で6秒間発揮する筋力トレーニング。これだけで筋力の向上が見られるというのがアイソメトリクスです。

このアイソメトリクスを応用すると、筋肉をひねったまま全力を出すことが筋肉トレになります。ひねったまま全力を出すことが、一定の姿勢で力を入れるアイソメトリクスになるのです。

アイソメトリクスの効果は筋トレとまったく同じ。特定の筋肉をひねったまま全力を出し続ければ、部分痩せができます。やり方は筋肉をひねったまま7秒間、全力を出し続けるだけです。

アイソメトリクスで腹横筋を鍛える

さっそく、アイソメトリクスを応用したウエスト引き締めトレーニングのやり方を紹介しましょう。まず両足を肩幅くらいに開いて立って、両腕を横に伸ばして肩の高さまで上げたら準備完了です。

この体勢から上半身を左か右に向けるようにして、お腹を最大限までひねります。このとき、お腹をできるだけへこますと効果的。アイソメトリクスでウエスト引き締めに効果のある腹横筋も同時に鍛えられます。

そして、お腹を最大限にひねったまま、全力を出し続けて7秒間キープするのです。反対側にも同じように最大限ひねって、7秒キープします。左右のひねりを1セット、セット間休憩を5秒挟んで5セット繰り返してください。

■「アイソメトリクス」おすすめ記事
アイソメトリクスは7秒間だけ筋肉に力を入れる
アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法
アイソメトリクスの腹筋運動は通常の5倍の効果
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事