ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

寝る前のストレッチとして効果的なのは「静的」

寝る前にストレッチが効果的のなのは、筋肉を弛緩させるだけでなく副交感神経を優位にして心も弛緩させてくれるため。逆にいうと、運動前にストレッチを行うと、パフォーマンスが半減してしまいます。ただし、これは一般的にストレッチと呼ばれる静的ストレッチの話なのでした。



スポンサーリンク
寝る前のストレッチとして効果的なのは「静的」

運動前のストレッチがマイナス効果

運動前の準備運動として、ストレッチを行う人も多いでしょう。しかし、運動前のストレッチがかえってパフォーマンスにマイナス効果を及ぼすことがあるのです。

そもそもストレッチには、静的ストレッチと動的ストレッチという2つの方法があります。静的ストレッチとは、目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、適度に伸びたところでその姿勢を保持するものです。

一般的にいわれるストレッチは、この静的ストレッチを指します。一方の動的ストレッチは、ラジオ体操のように腕や脚の曲げ伸ばしを静止せずに行う方法。サッカーの準備運動として行われるブラジル体操が有名です。

寝る前のストレッチは「静的」が正解

そして、運動にマイナス効果を及ぼすのが静的ストレッチ。静的ストレッチには伸ばした筋肉の興奮を鎮めて緊張を取り去る効果と、安静時に働く副交感神経を優位にする効果があるからです。

このため、運動前にストレッチを行うと、体も心も弛緩してしまって筋肉が発揮できる力が低下。結果的に、パフォーマンスが落ちてしまいます。逆にいえば、寝る前のストレッチは「静的」が正解です。

なお、静的ストレッチは運動後のクールダウンでも有効。運動後のほうが筋肉の温度が上がって、伸びやすくなります。静的ストレッチは筋肉の緊張だけでなく心の緊張も取り去って、疲労回復を促進してくれるのです。

■「寝る前ストレッチ」おすすめ記事
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
寝る前のストレッチには精神のリラックス効果

■「ストレッチ」おすすめ記事
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
ストレートネックをストレッチで改善する方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事