ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

清涼飲料水は糖分の総量だけでなく果糖にも注意

清涼飲料水で注意しなければならないのは糖があります。成分表に書かれている「ぶどう糖果糖液糖」などです。砂糖も果糖もどちらも白い粉末。同じ量を舐めて味を比べてみると、果糖のほうがずっと甘く感じます。清涼飲料水は果糖に注意が必要です。『ガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
清涼飲料水は糖分の総量だけでなく果糖にも注意

清涼飲料水に多く含まれている果糖

果糖は果物にも含まれますが、清涼飲料水などにとくに多く含まれている糖分です。果糖にはほかの糖にはない特徴があります。1つめはとても甘いこと、2つめは血糖値が上がりにくいこと、3つめは内臓脂肪がつきやすいこと。そして、4つめは老化を早めることです。

果糖が老化を早めるというのはどういうことかわかる実験があります。コラーゲンは人間の体の中に一番たくさんあるタンパク質の1つです。人間の筋肉に見立てた牛のコラーゲンを果糖に漬け、人間の体温と同じ37度で保管します。

2週間後、白かったコラーゲンの色が茶色に変わっていました。しかも、弾力がなくなって固くなっています。同様の現象は、骨で実験してもおこるもの。糖で老化した骨はすっかり茶色に変色します。

清涼飲料水の果糖の表記は3種類

しかも同じ力をかけても、果糖につけた骨はポキンと折れてしまったのです。コラーゲンや骨の色の変化は、それだけ老化が進んだということ。果糖はぶどう糖の10倍、老化物質を作り出す性質があるのです。

じつは、清涼飲料水に書かれたブドウ糖や果糖の表記は3種類あります。「ぶどう糖果糖液糖」は果糖が50%未満ということ。「果糖ぶどう糖液糖」は果糖が50~90%未満ということです。

そして、「高果糖液糖」は果糖が90%以上含まれていることを表しています。清涼飲料水は糖分の総量にも注意しながら、果糖の過剰な摂取は控えるようにしましょう。

■「清涼飲料水」おすすめ記事
中性脂肪が高い人は清涼飲料の表示に注意すべし

■「糖質」おすすめ記事
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。