ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

布団のダニは掃除機を片面40秒かけて取り除く

布団のダニは乾燥機で殺せます。しかし、ダニは殺したままだと死骸が残った状態。ダニの死骸もアレルギーの原因となります。しっかり掃除機で取り除かなければなりません。布団のダニは掃除機を片面40秒かければ取り除くことが可能です。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
布団のダニは掃除機を片面40秒かけて取り除く

布団のダニは片面40秒で掃除機がけ

50度以上の温度でダニを殺した布団があるとしたら、死骸は掃除機で取り除きます。大人の布団なら片面40秒程度、子どもの布団で片面20秒程度の時間をかけて掃除機をかけるのです。

ダニの死骸を掃除機で取る基準としては、1平方メートル当たり20秒となっています。大人の布団はだいたい1メートル×2メートルなので、40秒となるわけです。布団のダニの死骸は片面40秒で表裏両面を掃除機がけしましょう。

また、布団のダニの死骸を取り除くなら布団専用ノズルを使うのも有効。布団の布地を吸い込まないように、形状が工夫されています。ホームセンターで1,500円程度から購入できるので、利用するとよいでしょう。

布団のダニ対策は乾燥機と掃除機

布団専用ノズルではなく、掃除機のノズルに不要になったストッキングをかぶせるのも手。こうすると布団の布地を吸い込まなくなるので、滑らかになって布団のダニを掃除しやすくなります。

布団のダニ対策は、乾燥機と掃除機の組み合わせで行うのが有効です。乾燥機による布団の加熱を3か月に1回行って、ダニを殺します。そして、布団の掃除機がけは1週間に1回を目安にするとよいでしょう。

ダニはとくに7~8月に一番繁殖します。この時期に一気に仕留めて、布団の掃除機がけをするとダニ退治には非常に効果的です。

■「布団のダニ」おすすめ記事
布団のダニは寝返りで舞い上がって体内に侵入

■「ダニ」おすすめ記事
ダニアレルギーの原因はソファよりも布団にある
ダニの退治がどれだけ難しいかを実験してみた
ダニ対策は乾燥機で50度以上にするのが正解
ダニアレルギーを根本的に治す「舌下免疫療法」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事