ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹横筋トレーニングは前面より側面に力を入れる

腹横筋は天然のコルセットとも呼ばれる帯のようなインナーマッスル。内臓を包み込んで体幹を安定させる役割があります。じつは、お腹まわりをスッキリさせる近道が腹横筋トレーニングなのです。そんな腹横筋トレーニングは床に寝て首を持ち上げるだけと手軽に取り組めます。



スポンサーリンク
腹横筋トレーニングは前面より側面に力を入れる

腹横筋トレーニングのやり方

人間の骨格標本をあらためて見るとわかりますが、腹部の骨格は背骨だけというじつに不安定な構造です。腹横筋は、この空っぽの腹部を支えるのが役目。さらには、胃や腸などの内臓が下垂しないように支えているのです。

腹横筋トレーニングは、天然のコルセットを活性化させることを意味します。内臓が正しい位置に収まり、自然とウエストが細くなるのです。そこで、お腹周りをスッキリさせる腹横筋トレーニングのやり方を紹介しましょう。

腹横筋トレーニングは、床に仰向けに横になって腰幅で両ひざを立てて、両手を頭の後ろに回した状態が基本姿勢。腰の後ろには手の平1枚分のスペースを空けます。こうすることで、背中とお腹の筋肉を両方使えるようになるのです。

腹横筋トレーニングのポイント

腹横筋トレーニングは、基本姿勢でいったん息を吸ったのち、息を吐きながらおへそのあたりを見るようにゆっくり首を持ち上げるのです。首を持ち上げたらを5秒キープ。これを10回×2セット行います。

腹横筋トレーニングのポイントは、腰の下の手の平1枚分のスペースをキープすること。お腹の前面よりも側面に力が入るイメージです。お腹を筒状に包んでいる腹横筋に力が入っていることを意識します。

腹横筋への負荷が足りない場合は、両足を床から上げてください。両ひざは閉じた状態でひざを90度に曲げて、かかとを上げるのです。腹横筋トレーニングの負荷が一段上がります。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事