ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

超回復の筋トレは中1~2日でやるのが効果的

超回復とは、ダメージを受けた筋肉がそれまでより強く作り変えられる現象です。とはいえ、ただひたすら筋トレしても効果は上がりません。超回復には48~72時間かかるからです。このため、超回復の筋トレは中1~2日でやるのが効果的。超回復のメカニズムを見ていきましょう。



スポンサーリンク
超回復の筋トレは中1~2日でやるのが効果的

超回復の筋トレはタイミングが重要

筋トレをすると筋肉には微細なダメージが発生します。それを修復する際、再び同じ負荷がかかってもダメージが出ないように筋肉は以前より肥大するのです。これが超回復のメカニズムになります。

ただし、筋肉の修復にはそれなりに時間がかかるもの。一方で、大きくなる時間が過ぎると、今度は筋肉が分解されて元のサイズに戻ってしまいます。超回復の筋トレで効率的に筋肉を大きくするにはタイミングが重要です。

超回復の途中で筋トレすれば、筋肉のキズが増えるばかり。超回復が終わってさらに元の状態に戻ってしまってからでは、せっかく筋トレした意味がなくなってしまいます。

超回復の筋トレは中1~2日がベスト

実際に超回復にかかる時間は48~72時間です。時間に幅があるのはトレーニング強度の違い。負荷が小さければ超回復までの時間は短くなりますが、負荷が大きければ疲労度も大きくなって時間がかかります。

つまり、超回復を利用して筋トレを効果的に筋肉を大きくするなら中1~2日がベストです。筋トレを月曜19時にして中1日で水曜19時に再びやれば間隔は48時間。これを月曜と木曜の中2日にすれば間隔は72時間になります。

このため、超回復の筋トレは最大でも週3回くらいまで。週2~3回が適当です。また、自分の体が目指すボディになったと思ったら、筋トレは週1回にしても大丈夫。筋肉を現状維持するのに必要な筋トレは週1回です。

■「超回復」おすすめ記事
超回復のサインは筋肉痛!そのメカニズムとは?
超回復で注意すべき2つのオーバートレーニング
超回復は高負荷も低負荷も追い込むことが肝心
超回復が成功するか失敗するか典型的3パターン
超回復のメカニズムを理解して効率的に筋肥大
筋肉痛なら超回復が必ずおこるわけではなかった
筋肉痛なしでも超回復がおこるメカニズムとは
超回復のサインは筋肉痛!そのメカニズムとは?
筋肉痛による超回復のメカニズムはじつは未解明
筋肉痛が少なくても超回復するのが「スロトレ」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事