ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

バランスボールで腹筋を鍛えるためのサイズ選び

バランスボールはイス代わりに座るだけで、腹筋が鍛えられる夢のようなエクササイズツール。腹筋を鍛えるためのバランスボールは、スポーツショップや量販店で購入できます。ただし、サイズ選びは意外に知られていません。バランスボールで腹筋を鍛えるためのサイズの選び方を紹介します。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛えるためのサイズ選び

バランスボールで腹筋を鍛えるサイズ

バランスボールのサイズは「55cm・65cm・75cm」に分かれていることがほとんど。この数字は直径を表しています。バランスボールで腹筋の筋トレ効果を出すためには、体に合ったバランスボールを選ぶことが必須条件です。

バランスボール選びの基本が、ボールに座ったときの姿勢。ボールに腰掛けてひざを90度にしたとき、太ももが地面と並行になるようなサイズがベスト。実際に座れるなら、これが選び方の目安になります。

身長によるサイズ選びの方法もあります。身長165cm以下なら直径55cm、身長166~180cmなら直径65cm、身長が181cm以上なら直径75cm。実際にバランスボールに座れない場合は、身長を目安に選びます。

バランスボールで腹筋を鍛える空気圧

なお、バランスボールで腹筋を鍛えるには、空気圧も重要なポイントです。一般的にバランスボールの空気圧を低くするとトレーニング負荷が軽くなり、空気圧を高くすると負荷がアップします。

これは空気圧を低めにするとつぶやすく、高めにすると転がりやすくなるためです。つぶれると接地面積が広くなるのでバランスボールが安定。バランスがとりやすくなって、腹筋を鍛える負荷も小さくなるのです。

バランスボールの空気圧は、目的とするトレーニングやエクササイズの難易度によって調整することも大切。バランスボールで腹筋を鍛える効果を一段と高めることができるのです。

■「バランスボールで腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事