ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

大腰筋ストレッチで反り腰が原因の腰痛を改善

大腰筋ストレッチで反り腰が原因の腰痛を改善できます。反り腰で脊椎のカーブが深くなると、脊椎を構成する椎骨の後ろ側にある椎間関節が圧迫。腰痛が発生するのです。大腰筋をストレッチすれば反り腰が徐々に解消。結果的に、大腰筋ストレッチが腰痛を改善してくれるのです。



スポンサーリンク
大腰筋ストレッチで反り腰が原因の腰痛を改善

大腰筋の衰えで反り腰になる

脊椎は椎骨とよばれる骨が連結したもの。椎間関節は椎骨の後ろ側にあって、体幹の運動を可能にしています。そして、この椎間関節にジワジワと負荷をかけるのが反り腰です。

脊椎は人体を横から見ると自然なS字カーブを描いています。頸椎は前側、胸椎は後ろ側、そして腰椎は前側に反った状態。反り腰で骨盤が前傾すると、このカーブがさらに前に反ってしまうのです。

すると、カーブの内側にあたる椎間関節は圧迫された状態になります。これに椎間関節の神経が反応して、痛みの信号を発信。腰痛となるわけです。そして、反り腰になるもっとも大きな原因の1つに大腰筋の衰えが挙げられます。

大腰筋ストレッチで反り腰を治す

反り腰は、体の前側の筋肉が弱っていることが原因。大腰筋が衰えたり、腹横筋が弱くなったり、大腿四頭筋が硬くなったりすることが発端で骨盤が前傾気味になるのです。

このため、反り腰を解消するには骨盤を後傾させるために体の前側の筋肉をストレッチするのがおすすめ。もっとも手軽な大腰筋のストレッチから始めるのがとよいでしょう。

大腰筋ストレッチで反り腰を治す方法は、両足を前後に大きく開いて後ろのひざを床につき、背筋を伸ばした体勢がスタートポジション。そのまま前のひざを曲げていって、後ろ足の付け根を伸ばすようにします。大腰筋ストレッチは反対側も同様に行ってください。

■「大腰筋ストレッチ」おすすめ記事
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事