ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インナーマッスルでもっとも重要なのは腹横筋

意外に気づいていませんが、お腹には骨格が背骨しかありません。そんな不安定な骨格を安定させているのが、インナーマッスルである腹横筋です。しかもお腹付近は体幹とも呼ばれ、上半身と下半身の連動させる場所でもあります。だからこそ腹横筋はインナーマッスルでもっとも重要なのです。



スポンサーリンク
インナーマッスルでもっとも重要なのは腹横筋

腹横筋があらゆる動作のカギとなる

お腹にある腹筋群は4つの筋肉で構成されています。アウターマッスルである腹直筋と外腹斜筋、そしてインナーマッスルである内腹斜筋と外腹斜筋です。

腹横筋があるのは、脇腹にある内腹斜筋のさらに奥。お腹を覆うように、横に走っているインナーマッスルです。お腹の前面をタテにつなぐ腹直筋の裏から、お腹のまわりを覆って背骨につながっています。

腹横筋が重要なインナーマッスルである理由は、コルセットのようにお腹を締める重要な役割にあります。腹部には骨格が背骨しかないため、下半身の力を上半身に伝えるためには安定性が絶対不可欠。腹横筋がしっかり働かせられるかどうかは、日常からスポーツまであらゆる動作のカギとなります。

腹横筋が内臓を正しい位置に固定

姿勢の安定はインナーマッスルの基本的な役割。この点においても、腹横筋は重要な役割を果たしています。というのも腹部には背骨しか骨格がないため、正しい姿勢をとるためには腹横筋を欠かすことができないからです。

さらに腹横筋には、内臓を正しい位置に固定するという重要な役割があります。逆にいえば、腹横筋が弱ってしまうと内臓下垂が発生。それが腰まわりのたるみの原因となるのです。

このほか、呼吸のときにも腹横筋は使われるため、生命活動にも欠かすことができません。また、腹横筋を強化すると骨盤が安定して、腰痛の改善につながります。このように腹横筋は、とても重要なインナーマッスルなのでした。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事