ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

鍛え方

インナーマッスルの鍛え方「点字ブロック歩き」
ウエストまわりが太くなる原因は内臓下垂にあります。そして、内臓下垂を解消するのが腹筋のインナーマッスルです。インナーマッスルの鍛え方としておすすめしたいのが「点字ブロック歩き」。点字ブロックが[…続きを読む]
腸腰筋の鍛え方はソファをやめること
上半身と下半身を結ぶとても重要なインナーマッスルが「腸腰筋」です。じつはソファに座るという習慣が、この腸腰筋を弱らせているのをご存じですか? 腸腰筋の鍛え方とはソファをやめることです。そのメカ[…続きを読む]
高齢者の動体視力の鍛え方
高齢になると衰える動体視力。じつは動体視力の衰えは転倒につながることをご存じですか? 転倒予防で見逃しがちなのが動体視力を鍛えること。正しく周囲の情報をキャッチできないことが転倒の原因になるか[…続きを読む]
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
加齢とともに増えるのが「関節痛」。関節痛はさまざまな原因からおこりますが、その多くはインナーマッスルを鍛えることで解決します。正しい体の使い方を学べば、自然とインナーマッスルが鍛えられ、関節痛[…続きを読む]
日常生活の動作の中でいかに上手に体を動かすかは、インナーマッスル強化の近道といえます。さっそく「掃除」をしながらインナーマッスルを鍛える方法を紹介しましょう。それにより「骨盤底筋」が鍛えられる[…続きを読む]
インナーマッスルの鍛え方が難しい理由とは?
スポーツパフォーマンスやダイエットなど、さまざまな場面でインナーマッスルの重要性が認識されるようになってきました。ただし、インナーマッスルはその性質上、鍛え方が難しい筋肉でもあります。というの[…続きを読む]


インナーマッスルの鍛え方のポイントとなる筋肉
インナーマッスルの鍛え方で重要なのが腹圧です。腹圧とは、骨格的に背骨しかない腹腔を安定させるために、常にかかっている一定の圧のこと。この腹圧を保てるようにすることがインナーマッスルの鍛え方の目[…続きを読む]
インナーマッスルの鍛え方は正しい姿勢のキープ
インナーマッスルは表層にあって触れることのできるアウターマッスルと違って、ダイレクトに手で触れない筋肉。このため、インナーマッスルは鍛え方が難しいのです。とはいえ、インナーマッスルの役割は正し[…続きを読む]
アイソメトリクスで机に座ってインナーマッスル
アスリートだけでなく一般の人にとっても、インナーマッスルの強化が大切なことがだいぶ知られるようになってきました。そんなインナーマッスルでも、シニア世代が気を付けたいのが腸腰筋です。そんな腸腰筋[…続きを読む]
腸腰筋の鍛え方はパーツで分けてトレーニング
インナーマッスルの1つ腸腰筋は骨盤の深部にあります。腸腰筋は鍛え方次第で、便秘解消など腸のトラブルが解消したり、ダイエットに効果を発揮したりします。じつは腸腰筋とは、大腰筋と腸骨筋を合わせた筋[…続きを読む]

古い記事