ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

遺言

定年退職の前後は自分の老後資金対策だけでも大変ですが、親の介護や相続問題なども抱え、頭を悩ますことが多くなる時期です。親の介護が必要な状態になると、家族が介護する期間は4年を超えることが多く、[…続きを読む]
義理の親と同居して献身的に介護をした嫁でも、いざ相続が発生すると理不尽な思いをすることがあるのが現実です。ただし、遺言を活用したり、養子縁組してもらったりすれば介護の苦労が報われる可能性もあり[…続きを読む]
高齢者の介護には苦労がつきもの。しかし、それが遺産分割で報われることは少ないのが現実です。介護の当事者でなかった相続人の理解を得るのが難しいのがひとつ。そして、親族は互いに助け合って暮らすとい[…続きを読む]
高齢者の介護には多くの苦労がありますが、それが遺産分割で報われることはあまりありません。民法では、亡くなった人の生前の財産の形成や維持に貢献をした相続人は、その相当額を「寄与分」として特別に相[…続きを読む]
「備えあれば憂いなし」は、相続にもあてはまります。事前に家族で話し合っておけば、手続きもスムーズ。ただし、相続は「お金」と「死」にまつわるだけに話す内容が難しところです。親子で何を話しておけば[…続きを読む]
相続の話は「難しい」というのが共通認識。ある調査では、相続について家族で話し合いをしていると答えたのは、65歳以上の親世代で約25%、30~49歳の子世代で18%でした。相続の方法を具体的に検[…続きを読む]


相続とは、被相続人の財産に属したすべての権利義務を承継することをいいますが、借金などのマイナスの財産のほうが多い場合は、相続人の生活が脅かされることにもなりかねません。そこで、相続人の保護をは[…続きを読む]
「遺産相続」とは、故人の財産と意志が家族や血縁関係者に受け継がれることをいいます。相続に関するルールは法律で細かく定められていますが、複雑で難しい面もあるので、場合によっては専門家によく相談す[…続きを読む]