ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎の予防にはスポーツ吹き矢が効果的
誤嚥性肺炎を予防するならスポーツ吹き矢が効果的です。スポーツ吹き矢は健康増進を目的として、気功の腹式呼吸と昔ながらの吹き矢を組み合わせたスポーツ。横隔膜が鍛えられて呼吸機能が改善するため、誤嚥[…続きを読む]
誤嚥性肺炎の急増で肺炎が日本人の死因第3位に
日本人の死因ワースト3といえば、1位はがんで年間37万人が亡くなります。2位は心筋梗塞などの心疾患。それでは3位はと聞かれると、脳卒中と答える人が多いでしょう。しかし、3位は肺炎。しかも誤嚥性[…続きを読む]
歯周病菌は成人病だけでなく、そのほかのさまざまな病気のと関係もわかってきました。「狭心症」「心筋梗塞」「骨粗しょう症」「がん」などです。2月16日『駆け込みドクター!』の「歯の三大トラブル徹底[…続きを読む]
「えんげ障害」があると、食べ物や飲み物、唾液などが肺に入ってしまうことで「誤嚥性肺炎」がおこりやすくなります。リスクを減らすには「口腔ケア」と「食事法」に気を配ることが大切です。 […続きを読む]
「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」は、高齢者の亡くなる原因の上位に入る病気。じつは、睡眠中に口が開いてしまう唾液蒸発型の「新型ドライマウス」によって発症するケースがあるのです。新型ドライマウ[…続きを読む]
「新型ドライマウス」が高齢者の間で増えています。それは唾液蒸発型のドライマウス。寝ている間に「口が開いていること」が原因です。人間の口は、10分も開けたあままならすぐに乾燥してしまいます。「新[…続きを読む]


高齢者の間で新型の「ドライマウス」が増えているとか。それは「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」の原因にもなる、危険な兆候です。その実態を探るべく「新型ドライマウス」の実例を見てみましょう。1月[…続きを読む]