ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

認知症

「認知症」対策の研究から「ある匂い」を嗅ぐだけで、脳が活性化して若返ることがわかったのです。その匂いとは「アロマオイル」。しかも、たった1週間で脳が活性化するというのです。ポイントは昼間は活性[…続きを読む]
衰えた神経幹細胞を若返らせ、脳などで情報を伝達する神経細胞「ニューロン」を再び作り出させることに成功しました。慶応大学と理化学研究所の研究チームによるものです。認知症のみならず、脳卒中や脊椎損[…続きを読む]
認知症の予防には緑茶!
認知症の予防は生活のいろいろな場面で実行できます。認知症のリスクは、生活習慣のちょっとしたことで上がることもあれば下がることもあるのです。そこで、認知症予防のためのリスクを「下げる習慣」と「上[…続きを読む]
認知症の種類と割合
2013年に警察に届け出のあった認知症の行方不明者が、なんと1万人を超えたのです。その患者数は推定462万人。予備軍を含めると、65歳以上の4人に1人が認知症といわれています。しかし、一口に「[…続きを読む]
「アルツハイマー病」が新しい記憶を忘れやすいのは、脳の中心部に位置する記憶に関わる器官「海馬」に病変がおきるため。その後はどのような進行をたどっていくのでしょうか? アルツハイマー病の進行段階[…続きを読む]
年齢を重ねると「もの忘れ」は多くなるものです。一方で「アルツハイマー病」の特徴も、記憶の障害にあります。「もの忘れ」と「アルツハイマー病」はどのように違っているのでしょう? 症状が進むにつれて[…続きを読む]


「インナーマッスル」を鍛えると代謝が上がってダイエットに効果があるだけでなく、なんと「脳が活性化」するのだとか。しかも「認知症」にも効果を発揮するのです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されて[…続きを読む]
認知症予防に「役立つこと」40代から始めるべし
最近の研究によって、糖尿病や高血圧といった生活習慣病と認知症が密接に関連していることがわかってきました。はたして、認知症予防に役立つこととはどんなことなのでしょう? 実際の研究結果を見ながら、[…続きを読む]
軽度認知障害の人の記憶力を向上させる方法
認知症の予備軍といわれる「軽度認知障害」は全国に約400万人いると推計されています。この軽度認知障害から認知症に進むのを防ごうと、さまざまな研究が試みられています。そして、実際に軽度認知障害の[…続きを読む]
慢性硬膜下血腫による認知症は治る可能性アリ!
アルツハイマーなどの3大認知症が有名ですが、それ以外にも認知症状を出すものがあります。「軽く頭をぶつける」「しりもちつく」などの些細な衝撃で、記憶をなくすなどの認知症が「慢性硬膜下血腫」。頭の[…続きを読む]

古い記事