ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

診療報酬改定

厚生労働省が2014年度の診療報酬改定を告示しました。医療費の伸びを抑えるため「重症患者向け病床」を減らすことが、その主眼です。 診療報酬全体の改定率は「プラス0.1%」。消費税[…続きを読む]
2014年4月の「診療報酬改定」で光が当たったのが「精神科医療」です。日本には精神科のベッドは約34万あり、人口あたりで先進国平均の4倍近くになります。1年以上、入院している患者は約20万人も[…続きを読む]
医療の値段「診療報酬」の見直しは、急増するお年寄りの患者を入院ではなく、なるべく家への往診などで支えようとする考え方に基づくものです。国が描く未来図はどのようなものなのでしょう。 […続きを読む]
医療や薬の値段が4月に変わります。高齢化による患者の急増を見据え、早い回復を促して住み慣れた地域で支えられるようにする見直しが、国の「診療報酬改定」でいくつも盛り込まれました。認知症や入院治療[…続きを読む]