ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

葬式

お葬式の進化系「宇宙葬」なるものが、お手ごろ価格で利用できるようになっています。そもそもどんな埋葬方法なのか、気になるお値段いくらなのか、さっそく見ていきましょう。 宇宙葬の場所[…続きを読む]
葬儀を行った人は、健康保険から費用の補助として「葬祭費」「埋葬料」を受け取ることができます。ただし、注意しないといけないのは、申請しないと受け取ることができないということ。亡くなった日から2年[…続きを読む]
葬儀の予算は一般的に、会葬者の人数と香典の平均的金額を目安にして算出します。実際に葬儀にかかる費用は、仏教の場合を例に取ると「葬儀社への支払い」「お寺などへの謝礼」「飲食接待費」に大きく分けら[…続きを読む]
「香典」は、元来は「線香・抹香の代わりにお金を持参しました」の意味。死者の霊前に供えるものですが、急なご不幸による出費に対する助け合いの意味もあります。 香典は、お通夜またはお葬[…続きを読む]
急死の場合は別として、病死などの場合にはあらかじめ電話帳やインターネットで調べたり、近親者や近所の人、市区町村役場の民政化などに相談して、葬儀社を選んでおきましょう。事前に葬儀社を決めていなか[…続きを読む]
従来の大規模葬は減少傾向にあり、伝統的な形式にこだわらない自由度の高いお葬式、または規模を縮小して行うお葬式が注目されています。近親者や親しい友人など少人数で行う「家族葬」や、決まりごとに縛ら[…続きを読む]


以前は遺族の礼装といえば「和装」が一般的でした。しかし現在は「洋装」は「和装」と同格とされているので、喪主や遺族代表になった場合でも「洋装」で問題ありません。 女性は、和装では自[…続きを読む]