ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

血尿は色が赤いかでは危険度が判断できなかった
血尿といっても、色が真っ赤なおしっこが危険というわけではありません。本当に危ないのは、ふだんと変わらない色の血尿。こういった血尿は「顕微鏡的血尿」といわれるものです。わずかな異常が重大な疾患の[…続きを読む]
尿の色がふだんと同じでも再検査は必ず受ける
尿の色がふだんと同じにもかかわらず、健康診断の尿検査に潜血反応が出たといわれても多くの人が首をかしげるはず。再検査は必ず受けなければなりません。尿の色に変化がなくても、わずかな異常が重大な疾患[…続きを読む]
血尿の色は真っ赤じゃないほうが危険
「血尿」といっても、真っ赤なおしっこがすなわち危険…というわけではありません。本当に危ないのは、血の色がついていない普通の黄色いおしっこの「見えない血尿」なのです。『ためしてガッテン』の「危な[…続きを読む]
尿の色ではわからない「見えない血尿」
尿の色では体の異常を見つけることはできません。とくに、尿の色ではわからない「見えない血尿」には要注意です。具体的な症例を見ながら、見えない血尿の恐ろしさを見ていきましょう。『ためしてガッテン』[…続きを読む]
血便の原因を血の色によって判別する方法とは
血便とはウンチに血が混じった状態、またはウンチの表面に血が付いた状態のこと。血便は、出血した部位によって血の色が変化するのです。このため、血便の原因は血の色で判別することができます。血便の原因[…続きを読む]