ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腰痛

「AKA博田法」は、これまでにない画期的な方法で腰痛を治療します。その鍵となるのが仙腸関節。仙腸関節をを正常な動きに戻すことで、多くの腰痛が治るのです。そこでAKA-博田法で、30年来の腰痛が[…続きを読む]
腰痛にならない座り方はひざと腰を直角に
腰痛は重い荷物を持ったから発症するのではなく、日常の悪い姿勢の積み重ねでおきるもの。ふ日常の動作にこそ腰痛のリスクは潜んでいるのです。とくに長時間、椅子に座り続けるときは腰痛になる可能性が大。[…続きを読む]
腰痛を予防するスマートフォンの使い方
スマートフォンを使いすぎで頚椎がストレートネックになって、首や肩の痛みに悩む人が急増中です。しかし、頚椎と腰椎が非常に深い関係にあることは知られていません。じつは腰痛の原因がストレートネックに[…続きを読む]
腰痛の原因を予防する4つの方法
腰痛の多くは、重い荷物を持ったから発症するのではなく、日常生活の悪い動作や姿勢の積み重ねに原因があります。そこで、日常の動作を修正することでできる腰痛の予防法を4つまとめて紹介しましょう。『林[…続きを読む]
近年、長引く腰痛の意外な元凶として集めているのが「脊髄終糸症候群」。別名「新型腰痛」とも呼ばれている病気です。その特徴と治療法を見ていきましょう。脊髄終糸症候群はひとたび診断が下れば、手術で劇[…続きを読む]
いくら病院で治療を受けてもなかなか治らない腰の痛み…。ここ十数年の間に、ようやく世界中の整形外科にその名が知られ始めた「新型腰痛」があります。それが「脊髄終糸症候群」です。実際に新型腰痛「脊髄[…続きを読む]


腰痛の新原因として注目されているのが「股関節の異常」です。そもそもこの股関節の異常はなぜおきてしまうのでしょうか? じつは骨盤にその原因があったのです。骨盤のタイプや傾斜によって、股関節の軟骨[…続きを読む]
「脊柱管狭窄症」はこんな症状が出たら危ない!?
国内でおよそ365万人の患者がいるという「脊柱管狭窄症」。椎間板ヘルニアとともに腰痛の二大疾病の1つです。腰痛のほかに、歩いたり立ったりしているときの痛みやしびれという特徴的な症状が現れます。[…続きを読む]
「椎間板ヘルニア」の患者数は15万人以上といわれています。背骨のクッションの役割を果たす椎間板が変形して、神経を圧迫するのがその原因です。この椎間板ヘルニアの原因は椎間板への負荷。なるべく負荷[…続きを読む]
お尻の筋肉を柔らかくすると腰痛が改善する理由
多くの人が悩んでいるのが腰痛。その推定患者数は2800万人といわれています。計算上は日本人のおよそ4人に1人が悩んでいるまさに国民病。ところが近年、お尻の筋肉を柔らかくすれば、腰痛が予防・改善[…続きを読む]

古い記事