ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

脈とび

心停止は9割の人におきている
脈とびで心臓が一時停止することで、物忘れがおきることがわかってきました。この脈とびは、どれくらいの頻度でおこるものなのでしょうか? なんと知らないうちに9割の人に心停止はおきているのです。『た[…続きを読む]
不整脈が原因で「物忘れ」その見分け方とは?
毎年、新たに「徐脈性不整脈」と診断されて治療を受けている人は3万人以上。経過観察中や気づいていない人を含めると、その2倍違い患者がいると推測されています。この不整脈の意外な症状が「物忘れ」です[…続きを読む]
新しいタイプの「物忘れ」を発症させる「危険な脈とび」は、心臓が一時的に停止してしまうもの。正式には「徐脈性不整脈」という病気です。いったいどのような治療が行われるのでしょうか? […続きを読む]
人間の心臓は、通常は1分間に60回ほど拍動します。しかし、スポーツ選手の中には心臓が鍛えられることで、心拍数がとても少ない人もいるのです。このため、「危険な脈とび」を見分けるポイントである脈拍[…続きを読む]
心臓が一時停止する「危険な脈とび」は数秒にわたっておこります。これが脳へ血液の流れを滞らせて虚血状態を招き、さまざまな症状を引き起こすのです。この脈とびの正式名称は「徐脈性不整脈」といいます。[…続きを読む]
「物忘れ」を誘発する心臓の「危険な脈とび」は、いわゆる「安全な脈とび」と何が違うのでしょうか? その違いは、心臓を動かしている電気信号にあったのです。まずは心臓の電気信号の話から見ていきましょ[…続きを読む]


新しいタイプの「物忘れ」の原因である「脈とび」は、心臓が一時停止して脈波が抜け落ちる病気です。しかし、この「脈とび」には、安全なタイプと危険なタイプがあります。それぞれのタイプの実例を見てみま[…続きを読む]
歳をとるともに記憶力が落ちてくると、「認知症」や「物忘れ」が心配になります。そして、その原因といえば「脳」と考えるのが普通でしょう。ところが、まったく新しいタイプの「物忘れ」があることが、最近[…続きを読む]