ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

胆管癌

胆管癌は症状がほとんど出ないため切除が広範
胆管癌は自覚症状がほとんどない癌。血液検査で検出する方法は確立されていません。このため体に黄疸が出るなどして、進行した状態で見つかるケースが大半。5年生存率は2割とほかのがんに比べ低いのが特徴[…続きを読む]