ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

生命保険

「引き受け基準緩和型」と呼ばれる、持病がある人でも加入しやすい医療保険を販売する保険会社が増えています。これまで持病などが理由で、保険加入をあきらめていた人たちの間で需要が上昇中。ただし「引き[…続きを読む]
持病がある人でも加入しやすい医療保険を販売する保険会社が増えています。「引き受け基準緩和型」と呼ばれ、加入条件となる健康状態の確認事項が一般の医療保険より少ないのが特徴です。これまで保険加入を[…続きを読む]
親の借金を早く返したい…その思いが仇となり、借金3,000万円の「相続放棄」が受けられなかった男性がします。しかし、この男性を襲った悲劇はこれだけでありません。さらなる借金で、家と土地を失って[…続きを読む]
総資産が55兆円を超える日本生命保険が、2014年4月に保険料の引き下げにかじを切ります。最大手の攻勢によって、価格やサービスで独自性を打ち出せない生命保険会社は淘汰されることになるでしょう。[…続きを読む]
東京海上日動あんしん生命保険の「メディカルKit R」は、70歳までに入院・手術給付金を受け取らなければ、支払った保険料が全額戻る保険。給付金を受け取っても、保険料との差額は戻ります。給付金が[…続きを読む]
ライフネット生命保険など、いわゆる「ネット生保」誕生からはや5年。さまざまな割安商品が登場した昨今、同額の死亡保障でも保険料格差はときに2倍強に達することも…。たとえば30歳男性で、大手の有配[…続きを読む]