ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

牡蠣

牡蠣にあたることなくプリプリ感を楽しむ調理法
牡蠣にあたることなくプリプリ食感を楽しめる蒸しレシピがあります。プリプリ食感を楽しむためのポイントは、スーパーであえて生食用ではなくあえて加熱用の牡蠣を買うこと。じつは、加熱用の牡蠣のほうがう[…続きを読む]
牡蠣にあたることなく鍋を楽しむための加熱時間
牡蠣をあたることなく加熱処理するなら、厚生労働省の提供している牡蠣を安全に食べるための国際的な基準が参考になります。牡蠣をあたることなく処理する基準は、中心部が85~90度の温度になってから9[…続きを読む]
牡蠣は生食用と加熱用でうまみも栄養も全然違う
スーパーなどで売られている牡蠣は、水に入った状態の生食用とそのままパックされた加熱用があります。じつは牡蠣は生食用と加熱用でうまみも栄養も全然違っています。加熱用の牡蠣のほうがうまみは2倍、栄[…続きを読む]
牡蠣鍋を100%安全に食べられる加熱時間は8分
牡蠣を100%安全に食べるなら、中心部が85~90度の温度になってから90秒加熱すればOKです。じつはこれ、厚生労働省の提供している、牡蠣を安全に食べるための国際的な基準になります。そして、牡[…続きを読む]
牡蠣を鍋で食べるなら加熱用が栄養豊富でうまい
牡蠣には水に入った状態の生食用と、牡蠣がそのままパックされた加熱用があります。多くの人が鍋に入れるとしても、安全性を考えて生食用を選んでいるのでは? じつは牡蠣を鍋で食べるなら加熱用のほうが栄[…続きを読む]