ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

片方

片方だけ鼻づまりは歯性上顎洞炎かも
花粉の時期が終わっても「片方だけ鼻づまり」の人にはとんでもない病気が隠れていることがあります。なんと「虫歯菌」が副鼻腔に入ってしまって化膿してしまうものです。『ためしてガッテン』の「鼻水に潜む[…続きを読む]
片方だけ鼻づまりが出るネイザルサイクルとは?
片方だけの鼻づまりが、急にすっきり通ることはありませんか? それはネイザルサイクルかもしれません。じつは、ふだんの生活の中で、片方だけの鼻づまりは誰にも毎日おこっているもの。片方だけの鼻づまり[…続きを読む]
鼻づまりが片方だけ続くのは上顎洞がんの可能性
ある日、頬骨のあたりに虫歯のような痛みを感じたシニア男性。鼻づまりが片方だけ続く症状も出ていました。さっそく男性が歯医者を受診すると、痛みの原因は虫歯ではありません。なんと、痛みの原因は「上顎[…続きを読む]
鼻づまりが片方だけのときに疑うべき3つの病気
鼻づまりは放っておくと命に関わる病気に発展することもあります。とくに、鼻づまりが片方だけに起こっている場合は要注意。花粉症や風邪の鼻づまりは通常なら鼻の両方におきるものだからです。鼻づまりが片[…続きを読む]
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
「片方だけ鼻づまり」にとんでもない病気が隠れていることがあります。上あごの歯の根が副鼻腔内に飛び出して化膿している可能性もあるのです。4人に1人におこる「歯性上顎洞炎」を詳しく解説します。『た[…続きを読む]
私たちの「鼻」は外部からの異物が入りやすい場所。たかが「鼻水・鼻づまり」と放っておくと、命に関わる重篤な病気に発展することも…。なかでも「片方だけの鼻水・鼻づまり」が危険なのです。また、合わせ[…続きを読む]