ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

熱中症

睡眠中の夜間熱中症を予防する3つの対策とは?
熱中症による死亡者の状況を取りまとめたところ、その約90%が屋内で発症。しかも、そのうちの3割が午後5時から午前5時の夜間におきています。熱中症と聞くと、とかく暑い日中の屋外での出来事をイメー[…続きを読む]
猫の熱中症は舌を出して呼吸してたらかなり深刻
猫の熱中症は「留守番中に冷房をつけていたのに、帰宅したらキャットタワーの上でぐったりしていた」「日があたって暑い場所で寝込んで熱中症になった」などの事例があります。実際に猫が熱中症になったらど[…続きを読む]
犬の熱中症を避けるためには散歩は夜でなく早朝
犬も「熱中症」になることをご存じですか? しかも手当てが遅れれば、犬の熱中症は死に至ることもあります。犬は苦しさを言葉で表現できません。そのぶん、飼い主がしっかり注意する必要があるといえるでし[…続きを読む]
熱中症死亡者の昼と夜の割合はなんと半々だった
毎年およそ5万人が救急搬送される症状が熱中症。頭痛や吐き気などをおこし、最悪の場合は死亡することもあるのが熱中症です。そもそも熱中症は昼の炎天下におこるイメージがありますが、暑くて寝苦しいとき[…続きを読む]
熱中症を予防するなら下半身に筋肉をつけるべし
熱中症を予防するには、体内水分量を増やしておくことが大切です。そのためには、水分のタンクとなる筋肉の量を増やすことが効果的。それでは、熱中症の予防にはどのように筋肉をつければよいのでしょう? […続きを読む]
体内水分量が常に足りないドライボディの人は、できれば筋肉をつけるようにするのが一番の熱中症予防になります。とはいえ、急に筋肉が体につくわけではありません。それでは、どのように熱中症予防すればよ[…続きを読む]


熱中症予防には水出し緑茶がおすすめな理由とは
カフェインがほとんど含まれていない水出し緑茶。しかも冷たいので、ごくごく飲めてしまいます。その意味で、水出し緑茶は熱中症予防におすすめ。実際、水出し緑茶はマラソンや駅伝のスペシャルドリンクとし[…続きを読む]
熱中症の予防は炎天下よりもむしろ夜間が大切
暑い夏の夜は、適切にクーラーを使うことが大切です。じつは熱中症のは9割が室内で発症。しかも熱中症全体の4割は夜間におきているのです。熱中症の予防は炎天下よりもむしろ夜間が大切なのでした。『駆け[…続きを読む]
小さい子どもがいる家庭などで、寒くなるとホットカーペットの上で乳幼児を遊ばせている光景をよく見るはず。子どもはだんだんと疲れてくると、そのまま寝てしまうことがあるでしょう。このとき、冬だからと[…続きを読む]