ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

機能性ディスペプシア

異常ナシでも胃が痛い「機能性ディスペプシア」
検査で異常は見つからないのに胃もたれや胃痛が続く…そんな症状を「機能性ディスペプシア」と呼びます。2013年に治療薬が公的医療保険の適用になり、2014年は学会が診療指針を公表。薬や生活習慣を[…続きを読む]
機能性ディスペプシアの治療薬にアコチアミド
機能性ディスペプシアの症状とは、早期満腹感、胃もたれ、みぞおちの痛みなど、上腹部を中心とした消化器症状が慢性的に続くというもの。にもかかわらず、胃や十二指腸にがんや潰瘍など明らかな原因となる病[…続きを読む]
機能性ディスペプシアは検査で異常が出てこない
機能性ディスペプシアとは、胃の不調が続いているにもかかわらず、検査をしても異常が見つからない病気。機能性ディスペプシアであっても、気のせいではないかと肩身の狭い思いをする人が多かったのです。『[…続きを読む]
アセチルコリンが機能性ディスペプシア治療の鍵
機能性ディスペプシアはこれまで効果的な治療法が見つかっていませんでした。じつは機能性ディスペプシアの原因はアセチルコリンという神経物質。その治療法もアセチルコリンが鍵を握っていたのです。『ため[…続きを読む]
機能性ディスペプシアがなかなか治らない理由
患者数1千万人ともいわれる胃痛や胃もたれを伴う胃弱体質。これまで効果的な治療法が見つかっていませんでした。じつは、この胃弱体質は機能性ディスペプシアという病気。その治療法を見ていきましょう。『[…続きを読む]
「胃弱体質」として「慢性胃炎」「神経性胃炎」と診断されてきたのは、じつは「機能性ディスペプシア」という病名であることが判明しました。その症状と治療法を見ていきましょう。3月12日『ためしてガッ[…続きを読む]


これまで有効な治療法がなかった「慢性胃炎」や「神経性胃炎」に、新たな治療法が発見されました。実際にどのような症状なのかを見ていきましょう。3月12日『ためしてガッテン!』の「スカッ!胃の慢性不[…続きを読む]
慢性的な「胃もたれ」「胃痛」。しかし、病院に行っても具体的な原因がわからずに「慢性胃炎」「神経性胃炎」と診断されてしまうことがほとんどです。しかも、効果的な治療法はありません。3月12日『ため[…続きを読む]