ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

手術

脱腸の手術は盲腸や胆石よりも多く行われている
身の回りで盲腸や胆石の手術の話は聞きますが、脱腸の手術はあまり聞いたことがないのでは? しかし、脱腸は誰にでもおこりえる身近な病気だったのです。『ためしてガッテン』の「腹痛を起こす異物の正体S[…続きを読む]
鼠径ヘルニア手術は小児外科でもっとも多い手術
10歳のころから右足の付け根近くに2cmほどのふくらみがある女性は、中学のときに整形外科で「鼠径ヘルニア」と診断されました。そして、いずれ手術を受けるようにいわれたのです。痛みはとくにありませ[…続きを読む]
腹圧性尿失禁の手術は20~30分
腹圧性尿失禁とは、くしゃみや咳でお腹にグッと圧力がかかったときに、尿意とは無関係に膀胱にたまった尿が漏れること。軽症であれば骨盤底筋を鍛える体操などで治りますが、重症の場合は手術を行います。と[…続きを読む]
大桃美代子の白内障は手術で完治!その費用は?
自覚症状がないため気づきにくい白内障ですが、実際に発症してしまったときはどのような手術を受けることになるのでしょうか? 実際の手術に立ち会いながら、その工程を見ていきます。『私の何がイケないの[…続きを読む]
花粉症で手術を選択する患者はじつに5%に及ぶ
冬から春にかけ多くの人を悩ますのが「花粉症」。最近は効果の高い薬が登場しており、治療の選択肢も広がっています。しかし、なかには薬では十分に治療できない重症患者も多いのも事実です。そんな花粉症治[…続きを読む]
食道癌の手術で内視鏡で済むケースは50%以下
癌の中でも治療が比較的難しいといわれてきたのが食道癌です。しかし、早い症状の段階で発見できれば、負担の少ない内視鏡治療で完治が期待できます。早期発見のためには、自分自身の食道癌のリスクについて[…続きを読む]


脊柱管狭窄症の手術は2日後には歩行器で歩ける状態
高齢者の増加に伴って増え続ける脊柱管狭窄症に対して、画期的な手術を行う専門外来が存在します。それが東京・港区にある北里大学北里研究所病院の脊椎センターです。脊柱管狭窄症の手術は2日後には歩行器[…続きを読む]
変形性股関節症の手術「人工股関節置換術」とは
変形性股関節症の患者の9割を占めるのが40代以上の女性。加齢により関節のクッションである軟骨がすり減り、太ももの骨が骨盤にめり込んでしまって激痛が走る病気です。そんな変形性股関節症の手術「人工[…続きを読む]
変形性股関節症手術で20年悩んだ痛みが消えた
「靴下が履きにくい・正座が厳しい・歩くとき肩が左右に揺れる」…1つでも当てはまる人は、股関節に異常があるかもしれません。その病名は「変形性股関節症」となります。変形性股関節症の具体的な症例とそ[…続きを読む]
メラノーマを手術は周囲の皮膚をごっそり取る
メラノーマは日本語では「悪性黒色腫」。悪性の黒い腫瘍です。メラノーマは患部が黒くなり、それがどんどん大きくなります。非常に転移が早く、手遅れになるケースも少なくありません。このためメラノーマを[…続きを読む]

古い記事