ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

心房細動

心房細動の血栓で手足が壊死!?その意外な治療法
高齢者に多いといわれる心臓がけいれんする病気が「心房細動」です。推定患者数は130万人。その4割には心臓がけいれんしているという自覚がないといいます。しかも、心房細動による血栓で手足が壊死する[…続きを読む]
心房細動の治療法「冷凍アブレーション」とは?
不整脈の一種である心房細動は、動悸などを感じて生活に支障が出るだけでなく、脳梗塞がおこりやすくなる病気。近年、心臓の中に入れて治す新しい器具の開発が進み、治療の選択肢が広がっています。心房細動[…続きを読む]
心房細動の症状にのんびり型ときっちり型がある
心房細動は心臓の心房の部分がけいれんする病気です。街中に設置されたAEDで電気ショックを与えてるのは心室細動。心房細動とは別の心臓けいれんになります。そして、心房細動の症状にのんびり型ときっち[…続きを読む]
心房細動は夜寝る前と起床時の脈で早期発見する
心房細動の推定患者数は100万人を超えますが、そのうち40%の人は自覚がありません。しかし、心房細動による血栓は手足が壊死させたり、脳梗塞をおこすこともあります。心房細動を早期に発見する方法を[…続きを読む]
心臓病が急増中!知っておくべき3つの病気
日本人の寿命が延びて高齢化社会を迎えるにあたり、心臓に不調を訴えるシニア世代が増えてきています。なかでも、とくに増えている3つの心臓病とその特徴を見てみましょう。『みんなの家庭の医学』の「いま[…続きを読む]
心原性脳梗塞を引き起こす危険な動悸
心原性脳梗塞で死のフチをさまよった男性がいます。その奇跡の生還を果たした患者の実例を見ながら、心原性脳梗塞を引き起こす危険な動悸の見分け方を見ていきましょう。『みんなの家庭の医学』の「いま気を[…続きを読む]


不整脈が原因で脳梗塞
不整脈が原因で脳梗塞が引き起こされるのをご存じですか? 不整脈には命の危険のある不整脈もあれば、命の危険のないものもあります。不整脈が原因で発症した脳梗塞の事例を見てみましょう。『主治医が見つ[…続きを読む]
心房細動が原因の脳梗塞を予防する
危険な不整脈である「心房細動」は心電図に異常な波形として現れるのが特徴。一目見れば発見できそうなものです。健康診断の心電図検査ではその異常が見つけられないのでしょうか? 『主治医が見つかる診療[…続きを読む]
2年前に「心房細動」と診断された60歳の男性。運動がよくないと聞いたため、趣味のサウナとウオーキングをやめ、体重が15kgほど増えました。過労も避けようと残業も控えていますが、かえってストレス[…続きを読む]