ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

国民年金

「国民年金」に上乗せして年金を支給する「国民年金基金」が2014年4月から引き上げられるのは、年金財政の厳しさを表しています。企業年金の一種で「厚生年金」に上乗せ支給する「厚生年金基金」の大半[…続きを読む]
医師や弁護士、自営業者らを対象とする公的年金制度の「国民年金基金」は、2014年4月以降に新規に加入する人の保険料を平均で7%程度引き上げます。保険料を払う加入者が減る一方、年金を受給する人が[…続きを読む]
「年金分割」に夫の合意は不要。サラリーマンや公務員の妻で国民年金の「第3号被保険者」であれば、2008年4月以降の結婚期間については自動的に一律50%の権利が認められます。それでは、実際にどの[…続きを読む]
会社員や公務員である夫とその妻が離婚する場合、年金を受け取る権利を夫婦で分割できます。夫婦の話し合いで夫が年金分割を拒んでも、家庭裁判所に申し立てれば妻に50%の権利を認める決定が出るのが一般[…続きを読む]
国民年金の種別は、自営業者や無職の人の「第1号」、会社員や公務員の「第2号」、第2号に扶養される配偶者の「第3号」の3つがあります。日本年金機構の推計では、第3号の資格を失ったのに届け出ずに未[…続きを読む]
保険料を支払わなくても国民年金が受け取れる「第3号被保険者」。おもに会社員または公務員と結婚している専業主婦が受けられる恩恵ですが、パート収入の増加や夫の退職などで資格を失うことがあります。放[…続きを読む]


公的年金には、20歳以上60歳未満の全国民が加入する「国民年金」、会社に勤める人が加入する「厚生年金」、公務員などが加入する「共済年金」があります。それぞれに加入者が死亡した場合に、遺族が受給[…続きを読む]