ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

初期症状

アルツハイマー型認知症は初期症状で発見すべし
「認知症」全体の半分を占めているのが「アルツハイマー型認知症」です。進み具合によって症状が変わっていくため、進行を遅らせるには早期発見・早期治療が大切。そこで、アルツハイマー型認知症の初期症状[…続きを読む]
がんは早期発見すれば9割が治る病気。けっして怖い病気ではありません。とはいえ、実際にどんな症状が出るのかを知っている人は少ないでしょう。そこで、部位別のがんの症状をまとめて紹介します。『駆け込[…続きを読む]
インフルを初期症状でV字回復する対策4本柱
火事を小火で消し止められるかどうかは初期消火が重要です。インフルの初期症状にもまったく同じことがいえます。そこで、インフルを初期症状でV字回復するための対策4本柱を紹介しましょう。ポイントはウ[…続きを読む]
喉頭がんの初期症状をチェックして早期発見する
喉頭がんは進行すると、声帯の摘出が不可欠になって、声を失うことになる病気です。立川談志や忌野清志郎の命を奪ったのも喉頭がんになります。喉頭がんの初期症状をチェックして早期発見・早期治療に備えま[…続きを読む]
認知症の初期症状は視空間認知力の低下に現れる
認知症の初期症状は、注意力に加えて視空間認知力の低下としても現れます。視空間認知力とは、ものの距離感や奥行き、まわりの空間の位置関係などを正しく認識する能力のこと。車庫入れが下手になるのは認知[…続きを読む]
脳梗塞の初期症状で発した言葉「らいじょうぶ」
テレビ東京アナウンサーの大橋未歩さんは、2013年1月に突然「脳梗塞」を発症。当時は34歳、あまりの若さで発症した脳梗塞でした。そのとき、脳梗塞でどん初期な症状が出ていたのでしょう。脳梗塞の初[…続きを読む]


脳梗塞の初期症状を見分けて命を救われた実例
脳梗塞の初期症状を見分けるポイントが「FAST」。「顔がゆがんでいないか?」「腕が上がるか?」「話せるか?」「一刻も早く救急車」を表しています。脳梗塞の初期症状を見分けて命を救われた実例を見て[…続きを読む]
脳梗塞の初期症状をシンプルにまとめたFAST
あるテレビCMによって、イギリスでは脳卒中による年間死亡者数が、約53,000人から約43,900人と1万人近くも減りました。2009年から定期的に放送されている「FAST」という、脳梗塞の初[…続きを読む]
胃がんの初期症状に「かゆくないまぶたの赤み」
化粧品によるかぶれやアレルギーでおこる顔の赤み。しかし、次のような顔の赤みが出ていたら胃がんの初期症状の可能性があります。それが「かゆくないまぶたの赤み」です。『たけしのみんなの家庭の医学』の[…続きを読む]
「認知症」を発症している場合、本人も家事や仕事などこれまで普通に実践していたことがうまくできなくなったなどと感じて不安に思っているはず。異変に気づいた子や孫からあれこれ指摘されると、責められた[…続きを読む]