ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内視鏡

大腸がんを30分で切除する内視鏡によるESD治療
2~3cmほどの大腸がんなら30分前後で切除できるという内視鏡の手術があります。2012年に保険適用された「ESD」です。どんな治療法なのかを詳しく見ていきましょう。『THEセンタク』で紹介さ[…続きを読む]
大腸がん発見に欠かせない「内視鏡カメラ」には、じつはある弱点があります。それは「大腸のひだ」です。ひだの裏側を見ようとすると、内視鏡を反転させねばならないために作業が難航します。そこで、いま注[…続きを読む]
2011年の厚生労働省の調べによると「大腸がん」の年間死亡者数は4万5,744人。その大腸がんの最新スクープがあります。じつは、これまで認知されていなかった新しいタイプの大腸がんが存在すること[…続きを読む]
これまでの「大腸検査」は肛門から内視鏡を入れて、腫瘍などがないかを調べるのが一般的。そんななか、2014年1月から口から飲むだけで大腸がんを探すことができる「カプセル型内視鏡」による検査が、公[…続きを読む]