ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

保険料

家計が苦しくなると、多くの人が「小遣い」や「食費」「被服費」「レジャー費」など、おもに財布から支出する「やりくり費」を節約する傾向があります。やりくり費はすぐに手をつけられますが、削りすぎると[…続きを読む]
総資産が55兆円を超える日本生命保険が、2014年4月に保険料の引き下げにかじを切ります。最大手の攻勢によって、価格やサービスで独自性を打ち出せない生命保険会社は淘汰されることになるでしょう。[…続きを読む]
「収入保障保険」とは、保障だけを見ると単なる死亡・高度障害の保険。入院や手術で保険金が支払われたり、がんや三大疾病の保障があるものはすべて特約です。この収入保障という名称は、保険金が毎月の収入[…続きを読む]
ライフネット生命保険など、いわゆる「ネット生保」誕生からはや5年。さまざまな割安商品が登場した昨今、同額の死亡保障でも保険料格差はときに2倍強に達することも…。たとえば30歳男性で、大手の有配[…続きを読む]
「介護保険」は全国になる市区町村が運営し、40歳以上の人が加入する制度です。さらに、地域包括支援センターが中心となって、高齢者の暮らしを身近な地域で支える仕組みが作られています。 […続きを読む]