ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

介護

「老人ホーム」とは、一般的に高齢者が入居する施設を指します。日本の法律上、これに該当するものは「老人福祉施設」と「有料老人ホーム」とがあります。 「老人福祉施設」には「養護老人ホ[…続きを読む]
「介護施設」は大きく、介護保険で利用できるサービスを提供する「介護保険施設」と、介護保険とは関係のない施設とに分けられます。 「介護保険施設」は「在宅介護型」と「入所介護型」に分[…続きを読む]
介護サービスおよび介護予防サービスの種類を見ていきましょう。要介護度/要支援度ごとに1ヶ月の利用限度額がありますが、その範囲内であれば原則として1割の自己負担で各種サービスを利用可能です。また[…続きを読む]
申請をして「要介護1~5」あるいは「要支援1~2」と認定されると、介護サービスが利用できるようになります。要介護の場合は「介護サービス」、要支援の場合は「介護予防サービス」という名称です。自宅[…続きを読む]
介護保険を利用するときは、市区町村が行う要支援・要介護認定を受けなければなりません。申請および認定審査は無料です。大事に至る前に、早めに認定審査を受けておくとよいでしょう。たとえば、自分の親の[…続きを読む]
「介護保険」は全国になる市区町村が運営し、40歳以上の人が加入する制度です。さらに、地域包括支援センターが中心となって、高齢者の暮らしを身近な地域で支える仕組みが作られています。 […続きを読む]


新しい記事