ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

介護保険

定年退職の前後は自分の老後資金対策だけでも大変ですが、親の介護や相続問題なども抱え、頭を悩ますことが多くなる時期です。親の介護が必要な状態になると、家族が介護する期間は4年を超えることが多く、[…続きを読む]
「賃金が低い」「仕事がきつい」…そんな状況に介護労働者はどう向き合えばよいのでしょうか? 介護職員からの相談が増えたのは、介護保険制度開始の2000年前後からです。 それまで職員[…続きを読む]
高齢者介護の現場で働く人は約150万人。団塊の世代が75歳以上を迎える2025年度には、最大249万人が必要とされます。課題は処遇の改善です。平均賃金は月21万円。全産業平均32万円と比べ、大[…続きを読む]
とある特別養護老人ホームの食堂、30人超の入居者が朝食中。夜勤明けの職員2人は、トイレ誘導や薬の配布に追われていました。すると、入居者の1人の意識がありません。食べ物をのどに詰まらせたのです。[…続きを読む]
高齢者の見守りなど介護保険制度の適用にならないサービスに、介護大手各社が力を入れています。要介護認定の高齢者は570万人を超え、介護スタッフに身の回りの世話を求める人が増えているのが現状。各社[…続きを読む]
高齢者を社会全体で支える仕組みとして2000年度から始まった「介護保険」。入浴やトイレを手助けするほか、食事や掃除、洗濯など身の回りの世話もする制度です。助けを借りずに自立していく老人を支援す[…続きを読む]


これまで1人で暮らせなくなった高齢者を受け入れているのは「特別養護老人ホーム」でした。しかし、高齢者の急増に追いついていません。これに代わる新たな受け皿として国が整備しているのが「サービス付き[…続きを読む]
介護保険制度では「要支援1~2」「要介護1~5」の人を対象に、自宅で安全に暮らすための福祉用具のレンタル、購入の費用に対する至急や住宅改修費を出しています。 「福祉用具貸与」とし[…続きを読む]
「介護福祉士」は、ケアワーカーの国家資格。「社会福祉士」「精神保健福祉士」と並ぶ、福祉の国家資格の1つです。「社会福祉士」は英語で「ソーシャルワーカー」となりますが、「介護福祉士」は和製英語で[…続きを読む]
「有料老人ホーム」は、老人福祉法第29条に規定された、常時1人以上の高齢者を入居させ、入浴や排泄、または食事の介護・提供など生活サービスを提供することを目的とした施設です。 利用[…続きを読む]

古い記事