ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症の症状が現れる前兆
レビー小体型認知症の症状は、アルツハイマーと思われて間違った薬を投与されたて患者や家族が苦しむケースがあります。そこでレビー小体型認知症の症状が現れる前兆を紹介しておきましょう。『ためしてガッ[…続きを読む]
レビー小体型認知症の症状への対処法
レビー小体型認知症の症状に対処するには家族の理解が不可欠です。実際にレビー小体型認知症になった男性の症状を見ながら、家族ができる幻視への対処法を見ていきましょう。『ためしてガッテン』の「新型認[…続きを読む]
マイケル・J・フォックス
アルツハイマー型に次いで多い認知症が「レビー小体型認知症」です。レビー小体とは不要なたんぱく質の1つ。これが脳全体に溜まることで神経細胞が破壊されて、認知症状をおこすのです。そんなレビー小体型[…続きを読む]
レビー小体型認知症の診断基準「心筋シンチ」
認知症というとアルツハイマーがまず思い浮かびます。しかし、じつは認知症の20%を占めているのが「レビー小体型認知症」です。これまで、幻視や体のこわばりなど特徴的な症状が出ていないと診断基準を満[…続きを読む]
レビー小体型認知症の症状を抑える保険適用の薬
レビー小体型認知症はアルツハイマー型に次いで多い認知症。そのレビー小体型認知症の治療に保険適用で受けられる薬が「アリセプト」になります。アリセプトはもともとアルツハイマー型認知症の治療薬ですが[…続きを読む]
レビー小体型認知症は症状に気づかず悪化
認知症といえばアルツハイマーというイメージですが、じつは高齢の認知症患者の5人に1人がかかっている「第二の認知症」があります。「レビー小体型認知症」です。具体的な症状を見ていきましょう。『ため[…続きを読む]


レビー小体型認知症の症状「幻視」
アルツハイマーと間違われてきた「レビー小体型認知症」は、じつは日本の医師が発見したものです。レビー小体型認知症が発見された経緯と、特徴的な症状である幻視のメカニズムを解説します。『ためしてガッ[…続きを読む]