ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

トラブル

ここ最近、急増しているのが「熟年再婚」。お見合いパーティ運営会社によると、10年前は月1回ペースだった中高年のお見合いパーティが、いまは月6回ペースで開催しているほどです。しかし、この「熟年再[…続きを読む]
シニア層で再婚する数は、この20年でなんと3倍になっています。巷では、40~50代限定のお見合いパーティが大人気。そんな「熟年再婚」が増える一方、それにともなうトラブルも急増しています。その1[…続きを読む]
熟年離婚ブームともいわれる昨今、そのウラ側で「熟年再婚」も急増しています。それとともに、再婚に関するトラブルも増加しているのです。なかでも、もっとも多いトラブルに「相続権を巡り骨肉の争い」があ[…続きを読む]
巷で話題となっている「熟年離婚」。同居期間が20年以上の夫婦が離婚するケースが年々増加しています。1975年は「6,810件」でしたが、2010年はなんと「4万件以上」になりました。そして、そ[…続きを読む]
夫が亡くなった場合は、妻(配偶者)は最大の相続人になります。しかし、相続はなかなか円滑に進むものではありません。子どもがいる場合、子どもが相続案に不満を抱けば協議が難航することもあります。 […続きを読む]
夫が亡くなると妻(配偶者)は最大の相続人。しかし、円滑に遺産を相続できるとは限りません。子どもがいなければ、義理の両親や兄弟など夫の親族と分割協議をする必要があります。そうした際に妻を守るのが[…続きを読む]