ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インフルエンザ

インフルエンザ予防には1日1.5リットルの水
インフルエンザウイルス侵入を防いでくれる線毛細胞は、水分補給によって活動が活発になります。それではインフルエンザを予防するには、どれくらいの水分補給が必要なのでしょう? 『ためしてガッテン』の[…続きを読む]
インフルエンザ予防には朝イチ歯磨きが効果的
インフルエンザや風邪が冬に流行するのは、ウイルスが低温で乾燥したものを好むため。ウイルスはそういった場所で活発に活動します。そんなインフルエンザを効果的に予防する方法を見ていきます。『駆け込み[…続きを読む]
インフルエンザと風邪の違いを見極めるポイント
インフルエンザの症状は風邪によく似ています。早めに見極めることが重症化を防ぐには重要です。そこで風邪とインフルエンザの症状の見分け方を紹介しましょう。『駆け込みドクター!』の「お医者さんに聞き[…続きを読む]
インフルエンザ対策にはうがいより「えんげ」
インフルエンザを一番多く発症している年代は「5~9歳」の子ども。そんな感染症にかかった子どもに触れる機会の多い小児科医が行っているインフルエンザ対策は、うがいより「えんげ」なのでした。『主治医[…続きを読む]
インフルエンザ予防は緑茶を飲むだけで効果アリ
インフルエンザは感染者の咳やくしゃみで放出された、空気中に漂っているウイルスから感染するもの。インフルエンザ流行中に人ごみなどに行く場合は、しっかりとマスクで予防しましょう。そして、より効果的[…続きを読む]
インフルエンザを予防する線毛細胞ってなんだ?
インフルエンザ予防といえば「手洗い・うがい・マスク」が基本です。ところが、インフルエンザを予防するために体の内面から変えてしまう秘策があるります。それが「線毛細胞」です。『ためしてガッテン』の[…続きを読む]


インフルエンザの流行時期が「冬」になる理由
冬になると流行するインフルエンザ。インフルエンザウイルスには多くの種類があり、その組み合わせはなんと144通りもあります。さらに、同じ種類のインフルエンザウイルスでも毎年、微妙に遺伝子が変わっ[…続きを読む]
インフルエンザ治療薬は予防にも効果アリ
現在、病院で処方されているインフルエンザの治療薬は4種類。飲み薬タイプが1種類、吸入薬タイプが2種類、点滴薬タイプが1種類です。とはいえ、その効き目には大差はありません。そして意外なのが、イン[…続きを読む]
インフルエンザが解熱剤で治る
インフルエンザに風邪薬として使われている解熱剤は効果はあるのでしょうか? 答えはインフルエンザウイルスには効果はありませんが、熱を下げるなどのつらい症状をやわらげる効果はあります。しかし、イン[…続きを読む]
インフルエンザの発症原因が「かくれ便秘」
厚生労働省の調査では、便秘を訴えている女性は全国に330万人もいるとか。その数は男性の2倍以上というから驚きです。しかも、放っておくとインフルエンザの発症原因にもなるとか。さらには、がんやうつ[…続きを読む]

古い記事