ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インナーマッスル

「インナーマッスル」とは腹筋運動や腕立て伏せで鍛えられる表面的な筋肉ではなく、体の奥のほうにある筋肉のこと。インナーマッスルを鍛えることでダイエットはもちろん、尿漏れ予防や認知症予防などにも効果があります。そんなインナーマッスルの正しい鍛え方をまとめて紹介します。

インナーマッスルのトレーニングは風呂が一番
ウエストまわりの脂肪は腹筋運動では落ちません。本当の原因はインナーマッスルにあります。インナーマッスルをトレーニングすれば、ウエストが驚くほどシェイプされるのです。そして、インナーマッスルのト[…続きを読む]
インナーマッスルの鍛え方「点字ブロック歩き」
ウエストまわりが太くなる原因は内臓下垂にあります。そして、内臓下垂を解消するのが腹筋のインナーマッスルです。インナーマッスルの鍛え方としておすすめしたいのが「点字ブロック歩き」。点字ブロックが[…続きを読む]
インナーマッスルには絹ごしより木綿豆腐がよい
ダイエット食材の代表格ともいえる豆腐ですが、じつは絹ごし豆腐と木綿豆腐とで含まれるタンパク質の量が違うのをご存じですか? とくにインナーマッスルを鍛えるなら、迷うことなく木綿豆腐を選びましょう[…続きを読む]
インナーマッスルと体幹はイコールではなかった
サッカー日本代表の長友佑都選手が書いた体幹トレーニングの本がベストセラーになるなど、体幹という言葉もすっかりおなじみ。この体幹と、ダイエットなどで耳にするインナーマッスルとはどのような違いがあ[…続きを読む]
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
腹筋運動だけではお腹の肉は落ちません。まずはベースとなるインナーマッスル腹筋を鍛えなければ痩せないのです。さっそく、インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せるための方法を見ていきましょう。インナーマッ[…続きを読む]
大腰筋トレーニングはつまずき防止に効果
ちょっとした段差につまずくのは、インナーマッスルが弱っていることが原因。インナーマッスルのなかでもとくに、足を前に振り出すときに使われる大腰筋が弱っているためです。そこで、つまずき防止に効果の[…続きを読む]


ストールの巻き方でインナーマッスル
インナーマッスルは身近にあるものを使って鍛えることが可能です。ファッションアイテムの「ストール」も例外ではありません。さっそくインナーマッスルを鍛えるストールの巻き方を紹介しましょう。横隔膜が[…続きを読む]
肩甲骨ストレッチで悪い姿勢をリセット
猫背などの悪い姿勢をリセットするためのキーポイントとなるのが肩甲骨です。また、正しい姿勢にはインナーマッスルの強化も必要です。そこで、インナーマッスルを鍛える肩甲骨ストレッチで、悪い姿勢を簡単[…続きを読む]
腸腰筋の筋トレは階段を上りながら
足を前に振り上げる骨盤まわりのインナーマッスルが腸腰筋。じつはインナーマッスルは日常生活のさまざまな場面で鍛えられます。なかでも階段は、腸腰筋の筋トレには打ってつけの場所。さっそく、階段を登り[…続きを読む]
腸内環境が改善するインナーマッスル
じつは腸の周りのインナーマッスルである腸腰筋を鍛えると、便を押し出す力が付いて腸内環境が整えられます。これは腸内細菌研究の世界的な権威が実践している方法。さっそく、腸内環境が改善するインナーマ[…続きを読む]

古い記事