ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

尿が泡立つ人は腎臓病の疑いが高まる理由とは

成人の8人に1人が発症するといわれる病気が腎臓病です。この腎臓病、じつは尿が泡立つ人はその可能性が高いといいます。なぜ尿が泡立つと腎臓病の疑いが高まるのか、その理由を見ていきましょう。『ジョブチューン』の「医者ぶっちゃけSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
尿が泡立つ人は腎臓病の疑いが高まる理由

尿が泡立つ人は腎臓病の可能性が高い

そもそも腎臓病は、体内の毒素を尿と一緒に排泄できなくなる病気。同時に、体内の水分や血圧の調節も難しくなります。

腎臓病は重症になるまで自覚症状がなく、末期になると腎臓移植か人工透析するしか治療方法がありません。そのため、早期に腎臓病の兆候を見つけることが肝心です。

そして、腎臓病にかかっている可能性が高いのが尿が泡立つ人。普通でも少しは泡立ちますが、ビールの泡のような感じで尿が泡立つ人は危険です。普通に考えても、ちょっと変だなというレベルの泡の人になります。

尿が泡立つ理由は尿の中のタンパク

尿が泡立つ理由は、腎臓でタンパクがろ過されずに尿と一緒に排泄されるため。いわゆる、尿タンパクという状態だからです。

一方で正常な尿が泡立つのは、洗剤と同じような表面活性剤の成分を含んでいるため。尿の中にタンパクが含まれていると、泡立つのが目立つようになります。

放尿後しばらくしても、泡が消えないようであれば要注意。尿タンパクが多く含まれている可能性があります。すぐ病院で腎臓病の検査を受けましょう。

■「尿」に関するおすすめ記事
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
治らない頻尿・尿漏れは「隠れ脳梗塞」が原因だった
イスに座って骨盤底筋を鍛えれば尿漏れ改善
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?

■「腎臓病」おすすめ記事
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事