ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

レビー小体型認知症の症状への家族の対処法

レビー小体型認知症の症状に対処するには家族の理解が不可欠です。実際にレビー小体型認知症になった男性の症状を見ながら、家族ができる幻視への対処法を見ていきましょう。『ためしてガッテン』の「新型認知症の見分け方」で紹介されていました。



スポンサーリンク
レビー小体型認知症の症状への対処法

レビー小体型認知症の症状で幻視

3年前にレビー小体型認知症の症状と診断された男性は、いまでも幻視に悩まされています。ある日の食卓では、テーブルの小さなゴミが虫に見えてしまい、気持ち悪くて食事ができません。家族がゴミであると説明すると、現実としか思えないものを否定されたと思い、家族に強く反論してしまいます。

そこで、奥さんはまず「虫に見えちゃったんだね」と声をかけます。ポイントは「幻視を否定しない」ことです。

続いて奥さんは「でも、お母さんには見えないんだって」と説明します。「本人以外には見えないことを伝える」こともポイントです。これは幻かもしれないと本人が考えるきっかけを作ります。

レビー小体型認知症の症状の対処法

そして、レビー小体型認知症の症状で幻視が見えてしまったときには秘密の「おまじない」があります。それは奥さんが男性の手を両手で握って「いまのはナシ、なくなりました」と声をかけ、両手をこするようにして自分の胸のところに持ってきながら「きれいに受け取りました」というのです。

そして、2人で声を合わせて「スッキリさわやか、元に戻った」と唱えて、パチンと手をたたけば、たいていの幻視が消えるのです。

レビー小体型認知症の症状に対して、家族ができる幻視への対応法は次の4つです。1つは「幻視を否定しない」、2つめは「本人以外には見えないことを伝える」ことになります。そして、3つめは「幻視を見やすい環境を減らす」、4つめは「視覚以外へ注意をそらす」ことです。

■『ためしてガッテン』
【新型認知症の見分け方】

レビー小体型認知症は症状に気づかず悪化する
レビー小体型認知症の症状「幻視」のメカニズム
レビー小体型認知症の症状が現れる前兆とは?

■「レビー小体型認知症」おすすめ記事
レビー小体型認知症の典型的な症状が幻視と幻聴

■「認知症」おすすめ記事
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状
認知症の予防にもなる「色読み脳年齢テスト」
認知症かどうかを診断「模写テスト」とは?
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
ピーナツバターで認知症が早期発見できる!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事